スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間ェ・・・

【再仕分け2日目】 中断4時間 自己矛盾ますます すっかり黄昏ムード 

 政府の行政刷新会議(議長・菅直人首相)は16日、過去の仕分け結果が反映
されていない疑いがある事業を対象とした「再仕分け」の2日目の作業を行った。
ただ、国会日程の関係で午後に4時間40分にわたり作業を中断。人気のバロメ
ーターといえる一般傍聴者の減少も顕著で、会場に「黄昏(たそがれ)ムード」
が漂った。

 この日の作業では、環境省の「みんなエコクラブ推進事業」がやり玉に挙がっ
た。「こどもエコクラブ事業」と「我が家の環境大臣事業」を統合して新設され
た事業で、環境省は平成23年度予算に1億5千万円を概算要求した。

 ところが、統合前の2事業の22年度予算額は計1億3300万円。仕分け人
「典型的な焼け太り」と糾弾し、廃止と判定した。

 無駄遣いを見逃さない仕分けの面目躍如と言いたいところだが、「焼け太り」
を許したのはほかならぬ現政権。「削減」を判定された厚生労働省の事業の予算
要求したのは仕分け人の一人、長妻昭前厚労相だった。

(略)

 
焼け太り


仕「典型的な焼け太り(キリッ」



長「ごめん、それ要求したの俺だったわ」



仕・長「wwwwwwwwwww」


聖域無く、自分達で編成した予算も仕分けます。
と言えば聞こえは良いかもしれませんが・・・。

うん、まあ、そういう事にしておきましょうか。

だったら、他に仕分けた方が良い事業いっぱいありますよね。

・高速道路無料化 → 収入補填(過去の借金返済が主)
・こども手当   → 家計へ直接お金投入(7割が貯蓄へ回る)
・農家戸別補償  → 専業農家からの土地貸しはがし(専業農家弱体化)


他にも色々有りますがこれらの事業は、
お金を流動化させる=経済活動を活発化させる
効果は、非常に小さいと言わざるをえません。

こういう事業も聖域無しに、是非とも仕分けてくれませんか?

そうそう、事業仕分けに仕分け人として参加してた勝間氏がblogで、
「事業仕分けについてよくある5つの誤解と事実」
と、記事にしてたので一読してみたのですが、ツッコミどころ満載でした。

という事で、ちょっとつっこんでみます。

※青太字が勝間氏のblogからの引用部分です。


「事業仕分け」にあるよくある5つの誤解と事実

昨日から事業仕分けに参加し、メディアの報道やTwitterでのみなさんの感想な
どに触れることで、事業仕分けについて、以下の誤解があることがわかりました
ので、まとめておきます。

誤解1.
事業仕分けをされても、効果がないのではないか。
なぜあんなに再仕分けが多いのか。

事実1.
8割方はこれまでの事業仕分けの内容に即した施策、予算措置が執られています。
再仕分けに回っているのは残りの問題がある2割だけです。



そもそも事業仕分けにおける「ムダ」や「問題」の定義が不明ですよね?
法的根拠もありませんし、勉強不足の素人に「削減」「廃止」などと言われて、
「はい、分かりました」と納得出来るはずがありません。

事業仕分けの茶番っぷりについては、
過去のエントリーをご一読下さい。→事業仕分け

再仕分けに回った2割の事業は、各分野のプロである官僚が、
「必要」だと判断したから、仕分けに従わなかったのでしょう。

例えば、
「交通量の少ない道路」は「車が通っていないからムダ」
と言い切れますか?

マクロ経済から論ずれば「作る事」がムダではありませんし、
「道のない地域に道を通す」という面でもムダではありません。

ですが「交通量が多いか、少ないか」という価値観で判断すれば、
「交通量が少ない道路」はムダと言えるでしょう。

以上は、「道路」を例に説明していますが、
「価値観が違えばムダの定義が変わる」
という事であって、その定義をはっきりさせておかないと、
そもそも論で間違ってしまう恐れがあるのです。

そして、ムダの定義をはっきりさせるためには、
それ相応の知識が必要となるはずなのですが、
どうやら勝間氏は、相応の知識を持ち合わせていない事が分かります。

違う日のエントリーで、
「費用対効果B/C」についても触れているのですが・・・


▼以下、勝間氏のblogからの引用
びー・ばい・しー
(Benefit ÷ Cost B/C)

と呼ばれる成果指標から議論すべきでしょう。3倍や4倍など、そこの部分はかな
りハードルを高くしておけば、数値に基づかない事業は排除されます。
そして、
数値目標が明確になりにくいものでも、極力、代替となる指標を置くべきでしょ
う。

政府は民間企業でないため、売上高目標や利益目標が設定されていません。だか
らこそ、B/Cの議論が重要になるはずです。

効率が悪かったり、まちがった政策が実行されるということは、単なる税金の無
駄遣いにとどまらず、よりよい代替のサービスを実行するための機会をうしなっ
ている、ということにも留意すべきだと思います。



B/Cとは、平たく言うと

B:今後もたらされる利益
C:事業にかかったコスト

の事で、これが1を切る事業は、
いつまでたっても赤字という事になります。

ですが、詳細は割愛しますが、“B”の部分については、
「作ってからどれだけ経済効果があるか」しか評価していません。

つまり、公共事業の最大の効果である、
「作る時の経済効果」を一切考慮していない指標なのです。


そして勝間氏は
「(B/Cを)3倍や4倍など、そこの部分はかなりハードルを高くしておけば」
と、投資に対して儲けが3~4倍無いとムダである。
と言ってるわけですが、例えば、

河川に堤防を作る。
道路の通ってない農村に道路を通す。
崩れそうな崖をコンクリートで補強する。


などといった事業は、総じて“B”が高くありません。
これらは、人の命を守ったり、生活を便利にするための事業です。

もちろん、Bの定義は事業によって変わります。
それは、堤防によって守られる資産の価値であったり、
新しい道路が通る事によって軽減される生活コストだったりするのですが、

それでも、儲けるためにやっている事業ではありませんから、
B/Cが3~4なんてのは、どだい無理な話なのです。


勝間氏の理論に則ると、
地方部の公共事業の多くは「不要」となるでしょう。

そもそも、公共事業は設ける事を前提としてないから、
国が税金を投じて実施するのです。
儲かる仕事なら、民間がビジネスとしてやればいいのです。

だから、「公共事業」をB/Cのみで計るのはナンセンスであって、
むしろ、B/Cの高い事業ほど、「儲けられる事業」なのですから、
国は手を引くべきではないでしょうか?

長々と綴ってしまいましたが、
つまり、勝間氏は「儲けの無い事業=ムダ」という物差しで、
仕分けに臨んでいる、という事ですよね?

そもそも、そのスタンスが間違っていると思います。



誤解2.
なぜ民間人や、所感でない議員が政策に文句を入れられるのか。

事実2.
あくまでワーキンググループの判定、という位置づけです。
また、事業目的について判断をしておらず、事業目的に即して効率的・
合理的な用途となっているか、ということを判断しています。



事業には、

事業目的:A 今の手段:B 対  案:C 


とがあって、事業仕分けでは、

Aという目的を達成するために、今現在Bって方法でやってるんだけど、
それを、Cという方法でやったら、もっと効率的なんじゃないですか?

つまり、

「目的じゃなくて、そこへ至る手段について論じているんだよ」

って事を提案している、という理解で良いですか?

で、仕分けで提案する「手段」は、
ワーキンググループという枠組みの中で決められた、
「組織としての判定」であって、「個人の判断」ではありません。

って言いたいんですよね、きっと。

まず、「手段について論じているんだ」と言うのなら、
何故、事業目的そのものを否定する
「廃止」といった判定が出来るのでしょう?

Cを提案出来ない=今の手段Bが最適

という理解になると思うのですが。

そして、事業費○○%削減と、ズバズバ予算を削減しますが、
それは、技術的根拠に基づいた試算で算出された値なのでしょうか?

そもそも、「目的」ではなく「手段」を見直すのが、
事業仕分けだと言うのなら、具体に「C」を示すのでしょうか?

そうでなければ、いきなり「廃止」「削減」という結論はあり得ません。

「今回提示したCという手段に基づいた試算を行い、
 削減の可否について、次回までに提示して下さい」


と、なるのが普通でしょ?



誤解3.
なぜ、仕分け人はあんなに官僚の人たちに向かって、ことばを遮ったり、
失礼な態度を取るのか。

事実3.
ほとんどの時は最後まで聞いています。あまりにもいいわけめいてきたり、
質問に答えていないときに、しかたなく、遮っているのです。

誤解4.
なぜ、あんなに仕分け人は感情的な議論をするのか。

事実4.
ほとんどの時間は、事実や視察、データに基づいた議論を行っています。
たまたまのシーンをメディアが切り取っているだけです。



3と4は内容がほとんど同じなので、まとめます。
ですが、印象論、感情論なので、価値観によって捉え方はマチマチです。
私が昨日のめざましテレビを見て感じた事を率直に書きます。

事業仕分けに参加してた勝間氏が、官僚に対して、

destinationの発音を、
「ディス“テ”ネーション」じゃなくて、
「ディス“ティ”ネーション」でしょ?

と、たいそう小馬鹿にした態度で指摘してましたが、
そこは、別にどうでも良くないですか?
訂正するって事は、意味通じてるって事でしょ?
意味が通じてれば「ですてねーしょん」でも良いのでは?

「たまたまメディアが切り取った」
だけだっとして、許される態度では無いと感じましたが。

それもメディアの演出、と言うのならま、そうなのでしょう。

それと、専門知識の無い素人が、
「予算を削る」事を目的に、削減だの廃止だのを論ずれば、
専門家である官僚は、反論もしたくなるでしょう。
そして、良識の有る人ほど、公の場で言葉を選んで発言するものです。

それを「いいわけ」と取るか否かは、各々の主観の問題です。



誤解5.
あんなに数十分の短期間で審査が出来るのか。

事実5.
事前のレクチャー、現場視察などを1つの案件について少なくとも数日、
場合によっては数ヶ月を費やしています。




それでいて、スパコンや、はやぶさを仕分けちゃったんですか?
だとしたら、事前レクの時間こそが「ムダ」だったという事ですね。

更には、
記事:仕分け人も仕分け必要 「勉強不足…」傍聴者から不満
上記記事で「仕分け人」が、

「温泉発電と地熱発電がどう違うのか」
「政府の燃料電池車の普及目標を教えてください」


などと、とても数日~数ヶ月を費やしたとは思えない、
稚拙な質問をしている訳ですが?

事前レクを受け、現場へ行き、
尚かつそれの煮詰めに数日~数ヶ月を要しているのに、
前述のようなレベルなのであれば、話になりません。

素人が専門分野について論じるのであれば、
事前に相応の知識をインプットしておかないと、最悪
「分からない事が分からない」
という、最悪の状況に陥って、議論にすらなりません。

専門分野の議論に、「素人目線」は必要ありません。


いずれにしても、議員も、仕分け人も、決して「パフォーマンス」ではなく真摯
に議論をしていることは、生中継をみていただければわかると思います。

こちらの説明が足りないことも認めますが、ニュースで数分間流れるものだけで
は、どうしても

「民主党 VS 民主党」
「仕分け人 VS 官僚」

みたいなわかりやすい絵を撮りたがる、ということに留意していただければと思
います。メディアリテラシーが必要です。




メディアリテラシーの無さが生み出した民主党政権なのですが・・・。

確かに、メディアが報じるのは仕分け作業の一部だけです。
ですが、私も事業仕分けはパフォーマンスだと思ってます。

それは、そもそも「事業仕分け」という行為自体が、
このデフレ経済下でやる事では無いからです。


今必要なのは、
こっちの予算削って、あっちへ付け替えるという茶番ではなくて、
デフレギャップを解消するための施策です。

ですが事業仕分けで浮いたお金は、
お金の流動性を失わせる施策へ投入されています。
むしろ、デフレギャップを拡大させる行為なのですよ。

「好景気=民間の資金需要が有る時」
に、国の財政出動を抑えるためにやるのなら分かりますけど。


例えば、私のニュースでも取り扱われた「destination」ということばの発音で
すが、本当にはじめ聞き取れずに聞き返しただけです。本論とはまったく関係が
なく、そこをわざわざ取り上げてキャプションまでおもしろおかしく取り上げる
メディアもありました。



これについては、「誤解&事実3,4」でつっこんだので割愛します。
・・・・・が、

蓮舫にも言える事ですが、
「一部を切り取られてうんたらかんたら・・・」
って言い訳をしますけど、
一部だけ切り取られただけだとしても十分ひどいですよ、これ?

むしろ、事業仕分けがそういう性質のものだと自覚して、
自身の発言には十分留意すべきだと思いますがね。



またもちろん、事業仕分けには以下の課題があると感じています。

1. 強制力のつけかたが不十分。閣議決定や、国会にもっと持っていくべき
2. 議論について、効率化が必要
・事業目的に即しているか
・即していたとしたら効率的か
・実行についての効果検証は十分か

といったようなおおまかな項目ごとに議論をする、そして数値や事実を中心にす
る、そういう工夫があればより案件討議が効率的になるでしょう




▼1について
素人の恣意的な判断に法的根拠を持たせるのは、非常に危険です。
今頃、スパコンも次期はやぶさも、無かった事になってますよ?

▼2について
「誤解2」で「事実2」として答えてる内容について、
もっとスマートに出来ないか、って事でしょうか?
  
少なくとも、疑問5で私が指摘したような、
どうしようもないド素人発言とかが出ないように、
事前にしっかり、個々のお勉強は必要ですよね。
そうすれば、軽々しく「廃止」とか言えなくなるでしょうから。


事業仕分けの総括も、第三弾が終わり次第、なされる予定です。

また、木曜夜、事業仕分けが終わりましたら、Ustream放送で何人かで総括的な
放送を行うことも考えています。

よろしくお願いします。



確かに、既存の事業がどれほど経済成長に寄与しているのか、
それについて論ずるのは有益だと思います。

ですが、

仕分ける → 予算を削減or事業を廃止 → 誰かの職を奪う

という事であって、それで浮いた予算の行き先は、
お金の流動性を失わせる、民主党の各種施策だったりする訳です。

くどいようですが、
「お金の流動性を失わせる」→「いつまで経っても景気良くならない」
という事ですから、

事業仕分けで浮いたお金を、違う事業に付け替えても、
景気が回復する見込みは、ほぼ100%無いと言えるでしょう。

そもそも、事業仕分けに参加してる仕分け人達は、
自分達の行為に、どれだけの意味が有るのか分かってるのでしょうか?

周りでもてはやしてる連中、自分に酔ってる連中。

そんなお気楽な連中のせいで、
職を奪われる人の身になってみろと言いたい。




▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>




▼日本に誇りをもつ方が集まるSNSです。
現政権に疑問をお持ちの方は、まず登録してみては如何ですか?

スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。