スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党がクズである理由

【疲れ・白髪目立つ首相、支持率低下止まらず:読売】
野田政権は2日、発足から半年を迎える。

 鳩山、菅両政権から引き継いだ懸案では一定の進展もあったものの、内閣支持率の低下には歯止めがかからない。野田首相にとっては、今月中の国会提出を明言している消費税率引き上げ関連法案の処理など正念場の政権運営が続く。

 昨年9月の就任以来、首相は米軍普天間飛行場移設問題を迷走させた鳩山元首相、政局の混乱で東日本大震災の復旧・復興や原発事故対応の遅れを招いたと批判を浴びた菅前首相の後継として守りの政権運営を強いられた。「2人のツケを払わされている」と周囲にこぼすこともあった。

 しかし、震災対応では復旧・復興予算を盛り込んだ二つの補正予算を成立させ、普天間移設関連でも沖縄振興予算増額や在日米軍再編計画見直しに取り組み、地元の理解を得るための環境整備は徐々に進めている。

 環太平洋経済連携協定(TPP)も交渉参加に向けた関係国との協議がスタートしており、藤村官房長官は1日の記者会見で、「野田政権は大変な難事業に取り組んでいる。沖縄の問題もいくつかの点で結果を出し、TPPも半歩なり前進してきた」と強調した。

 しかし、読売新聞の世論調査で政権発足直後に65%あった内閣支持率は、30%に落ち込んだ。首相周辺からは「人事が裏目に出ることが多すぎた」との声が漏れる。実際、マルチ商法業界との関係が指摘された山岡賢次前消費者相、「安全保障は素人」と発言した一川保夫前防衛相は参院で問責決議が可決され、一川氏の後任の田中防衛相も野党の集中砲火を浴びている。

 民主党代表選の際、「私が首相になっても支持率は上がらない」と語った首相は淡々としているとされるが、「疲れたと漏らすこともあり、白髪が目立ってきた」(周辺)。
-------------------

当然の帰結と言えるでしょう。
政治にしろ商売にしろ、なんだって交渉の積み重ねです。
そして、交渉相手は「人間」なのですから、
「自分の意見をゴリ推しして、相手の意見を聞かない。」
では、物事が円滑に進むわけありません。

「野田の成果」とされる2回の補正予算にしろ、
その実はボロボロで、野党案ベースの復興関連法案に、
復興に関係ない予算を抱き合わせて「復興」の看板を掛けた詐欺紛いの予算です。
※本来は、来年度本予算に計上すべき予算を補正に混ぜて先食いし、
 一見「来年度予算の削減」に成功したかのように見せる姑息な手段。

ですが、それをひっくるめて「復興関連予算」と強弁し、
「協力せざるを得ない状況」を作り、利用したのが野田政権です。

これが「成果」とは(笑)読売の記者って頭大丈夫なんですかね?

また、民主党が作る政策はどれも稚拙で、
野党の手助け無しに、まともに法律すら作れないのが実態です。
(現に、復興関連法案はほぼ自民案の丸飲み。)
ただし、例えば社会保障の方向性などは、
そもそも民主と自民では、向いてる方向が違うわけです。

民主党は実質的な旧社会党の後継政党であって、
(形式的には旧社会党の後継は社民党です、一応。)
目標にする「最小不幸社会」とやらは、
要するに「働いたら負け」の世の中なのです。

対して、自民党が目差すのは「最大幸福社会」であって、
「働いたら勝ち、でも「働けない」人は社会で助けましょう。」
という世の中です。
※もちろん「働けない」と「働かない」は別。

このように、目差す方向真逆なのですから、
「事前協議」などあり得ないわけですね。

北海道に行きたいAさんと、沖縄に行きたいBさん。
Aさんは北海道、Bさん沖縄の、良さ、予算、行程案などを説明し、
友人で多数決を取ったところ、北海道行きが決まりました。
するとAさんは突然、Bさんにこう聞いたのでした。

A「なあ、北海道ってどうやって行けば良いの?」
B「知らねーよwwww」


さんざん北海道を推しといたくせに、
実は特に下調べもせず、行程や予算も適当だった。
でも、沖縄推しだったBさんが、北海道の事を知るはずもありません。

そして「社会保障改革」とやらで「Aさん」をやってるのが民主党です。
(社会保障以外でも、ですが。)

「北海道or沖縄」程度なら、皆で仲良く話し合えば良いとは思いますが、
こと「社会保障」という、政党の根幹政策について、
思想が対極の政党に「素案から協力しろ」とか、バカげてるにも程があるのです。

こんなだから、議論が先に進まないのは当然で、
責任が「民主党」にあるのも紛れもない事実です。
なのに自らの愚かさは棚に上げ「野党は協議に応じろ!」の一点張り、
しかも相手は「手柄横取り、責任転嫁の常習犯」と来ている。
それで「よし分かった、協力しよう」と言えるお人好しは、
お人好しを通り越して単なるバカです。

そして、交渉開始前には散々「国益第一!」などと、
「当然の事」を自信満々に宣言していた野田ですが、

■TPP交渉、苦しい日本 市場開放強める米国 関税例外許さぬ各国:産経
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への日本の参加をめぐり、米国が自動車や農産品での市場開放圧力を強めてきた。来日中のカトラー米通商代表部(USTR)代表補は1日、日本に市場開放の決断を強く要求。背景には米国政財界の反発の高まりがある。一方、政府は同日、米国以外との協議で全品目の関税撤廃を目指す発言が相次いだことを公表。コメなどの重要品目を撤廃の例外扱いとしたい日本は厳しい対応が迫られている。
(略)


TPP交渉入りについては案の定「反対派」の指摘どおり、
参加予定の9ヶ国から吊し上げを食らってる状況です。
TPP交渉入りの最低ハードルは「9ヶ国の合意」ですが、
日本は既に「相手国ベースで守勢に回る程度の交渉余地」しか残ってません。

平たく言えば、既に国益を損ねる事は分かっていて、
あとは「どの程度の損で済むか」を交渉してるってことです。
各国がわざわざ、国益を損ねてまで日本の交渉入りを認めるはずもなく、
後発の日本から「如何に搾り取るか」しか考えていません。
外交なんてそんなもんです。

そして野田は、昨年の予算委員会でTPP交渉入りに関して、
「国益を損ねてまで参加しない」と明言しています。
■「国益損ねてまで参加せず」 TPP交渉で野田首相:産経(2011.11.15)
現状で「国益を損ねる事」が確定してるわけですから、
野田はさっさと「TPP止めます!」と宣言すべきです。
ただし、野田や経産省は既に「参加する事が目的」になっていて、
そのためには、どんな不利な条件も土下座で飲む姿勢です。

あれだけ大騒ぎしてた山田辺りの反対派はめっきり静かですが、
「マスコミが取りあげてないだけ」でしょうか?
本気で交渉入りを潰すつもりが有るのなら、一気呵成に反対運動を盛り上げて、
反対決議なりを国会提出すれば良いと思うのですがね。
JA全中のTPP反対署名の紹介議員が「本気」であれば、
反対決議の可決など簡単な事でしょ?
恐らく米国議会辺りは日本の交渉入りを了承しないと思います。

でも、民主党内の反対派がやった事と言えば、
何の法的根拠のない「仲間内での反対声明」を政府に渡しただけです。
こんなもの実質「何もやってない」のと同じです。
ただし「民主党内の反対派」は、結局それが狙いなのでしょう。

TPP交渉入りが破談になれば、野田政権は立っていられないでしょう。
その結果、民主党が割れて分裂選挙にでも突入すれば、
虎の子の組織票を失って、立場が危うい連中がウヨウヨいます。
民主党は既に「無党派票」は期待出来ませんから、
その上、手堅い組織票まで失う事になると選挙で非常に困るわけです。

これだけ民主党に対する逆風が吹き荒れる中でも、
組織票が固い地域の首長選挙や地方議員選挙では、
それなりの得票を挙げてくるのですからね。
「党を割る=それを捨て去る」という事です。

民主党議員には、本気で党を割る気概の有る人間など居ません。


そこまで気概の有る人間なら、
とてもじゃないけど民主党なんて腐った組織には居られないでしょうし、
そもそも民主党など選ばないでしょう。

結局、野田を含めた民主党の連中に共通するのは、
「私益>党益>国益」という価値観です。
そのために、自分や党が損をする事はやりたくない。
でも、あからさまに私益・党益を追求する姿勢を見せると批判されるから、
「国益を考えたフリ」をしているから、議論や政策が破綻するわけです。
そこを野党が指摘して議論が止まると、
「我々はこんなに国民の事を考えているのにどうして邪魔をするんだ!」
などと白々しいセリフを吐き、アホなマスゴミが焚きつける。

労働貴族、プロ市民、サヨク、特アの手先など、
時代遅れになった無用の長物「旧社会党的なもの」の集大成である民主党と、
不勉強で無知蒙昧、三面的な報道しか出来ない低レベルなマスコミ。

日本の政治に閉塞感が満ちてるのは、この腐った構図のせいです。


▼twitter、フォロー&RTでの拡散にご協力お願い致します<(_ _)>




【亡国法案初号機、臨時国会へ提出。】
↑私達の生活が、根本から変わってしまいかねない法律が作られようとしています!
みなさん、行動しましょう!!



▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
テレビ報道が何でも正しいと思ってる方は一見の価値あり!


スポンサーサイト

テーマ : 野田内閣
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。