スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなの党と維新の会

維新との合流を示唆 みんなの党・渡辺代表:産経
 みんなの党の渡辺喜美代表は18日午前のよみうりテレビ番組で、大阪市の橋下徹市長率いる地域政党「大阪維新の会」との合流を示唆した。維新の次期衆院選マニフェスト(政権公約)となる「維新版・船中八策」とみんなの党の政策がほぼ同じであることを強調する渡辺氏は、合流の可能性を問われると「そういう選択肢もあるかもしれない」と述べた。

 消費税増税をめぐり、容認の立場の橋下氏との違いを指摘された渡辺氏は「橋下氏は大阪に消費税をくれたら半年で値上げしますということだ。今の中央集権の体制のまま、消費税をやるとは一言もいってない」と指摘。「道州制をやるなら消費税は全額地方財源になる。そういう制度をわれわれは主張している」と述べ、消費税に関して考え方に違いはないことを強調した。

 また、衆院解散・総選挙については「6月か7月に解散になる。そこまで行けば準備はできる」との見通しを示した。
-------------------

存在感を橋下に持って行かれた感が否めないみんなの党ですが、
生き残りをかけた「ぶら下がり」に躍起になってます。

この政党、ブレーンに高橋洋一氏を抱えている分、
経済面では民主党よりマシな政策を掲げていますが、
「復興財源に外貨準備を使え!」などと、
ちょっと色を出そうとした途端、底の浅さを露呈してしまいます。
※その辺りの事情は、過去記事を一読下さい。
拙blog「みんなの党」カテゴリー

元々みんなの党と橋下氏は、道州制やら抜本改革やら、
向いてる方向は似てたのでまあ自然な流れなのでしょうけどね。

ただ、みんなの党の無節操ぶりには呆れるばかりです。
先の衆院選では、民主党の劣化コピー政策を掲げてブームに乗って議席を獲得し、
首相指名選挙では、連立も組んでないのに党を上げ、
「鳩山由紀夫(現:友起夫)」に投票し、おべっか使う気持ち悪い政党でした。
ですがその後、ルーピーの比類無き電波ブリが白日の下に晒され、
民主党の支持率が右肩下がりを見せ始めると、
あれだけ媚びてた民主党に牙をむいたのでした。

ただし、べつに連立組んでたわけでもないし、
鳩山みたいな外道へのダメ出しは至って健全ですから、
民主党への掌返しが「全面的に悪い」と言うつもりはありません。

悪いのはそのあと。

例えば、先の総選挙でみんなの党が掲げた「子育て手当2~3万」は、
党公約から人知れずひっそり消え落ちています。
しかもご丁寧にHPからは、総選挙時の公約へのリンクも切れてます。
ただ、URLは生きてるので直リンクで晒しておきますね。
【みんなの党マニュフェスト2009】
※「子育て手当」は9ページに載ってます。

何が問題かと言うと、
みんなの党の衆議院議員は、あの選挙公約履行を謳って当選したのですから、
それを説明なく消したり書き直す行為は、有権者への裏切り行為なのです。
※みんなの党(や民主党)には、政党の背骨である「党綱領」が存在しないため、
「党の存在根拠」は、総選挙でに掲げたマニュフェストだけ。
(実際、みんなの党の渡辺はそんなフシの発言をしてた。)


「衆院選と参院選」で公約が違う事に文句は言いません。
ただしそれが許されるのは、時点を踏まえた「微修正」程度であって、
「支給する」と言ってたものが急に無くなるのはおかしいでしょ?
もちろん、公約から落とす明確な理由があれば問題ありませんが、
以前、みんなの党にその辺の事情を確認した事もありますが、
明確な回答は頂けませんでした。
未だに「埋蔵金」の存在を主張してますし(財源は有る)、
辞める理由は無いのでは?

「民主党の子ども手当が不評だったから」

としか思えないのですけど、聞くと「違う」んだそうです。
だったら、そこを説明しろっつーの。

野党がパフォーマンスアピールするのは、ある程度仕方ないにしろ、
みんなの党はあまりにも無節操が目について信用なりません。
無責任な外野ほど、声高に理想論を叫ぶものです。

でもって橋下氏。
自公の応援を受けて大阪知事に当選するも、
翌年の総選挙では民主党マニフェストを大絶賛。
その後「維新の会」を立ち上げて代表に就任し、
統一地方選挙では、既存政党を叩いて大阪府と大阪市で第1党を獲得。
「二重行政の打破=大阪都構想」を掲げて大阪市長に鞍替えし、
今度は「道州制+α」を掲げ、国政を伺う勢いです。

応援を受けたから「いつまでも自公に仁義を切れ」と言うつもりはありません。
政治家としてやりたい事が出来て、
それが党の方向と違うのなら袂を分ければ良いと思いますし、
長いものに巻かれて成り上がり、勢いにまかせて王様になる。
それも手段の一つなのでしょうし、
実際、橋下氏は確信犯としてやっているのだと思います。

ただし、先の総選挙で民主党のマニフェストを賞賛していたり、
公表された船中八策を見てても、彼に政策センスが有るとは思えません。
※その辺りの事情は、過去記事を一読下さい。
→■抜本改革病:過去記事

そして、みんなの党と橋下氏に共通するのは、
「抜本改革」が大好きって事です。
「閉塞感の原因は既存の政治・行政」と徹底的に批判し、
「既存システム=悪」というレッテルを貼って徹底的に叩く。
更に、TPPなどの外圧を使って「改革」をもたらそうとし、
それに反対する勢力は、反対勢力であって悪。
そして自分達は国民の代弁者である正義の味方。

世の中そんなに単純でしょうか?

仮に道州制を達成し、首相が公選制になったとしましょう。
で、人、金、権限が地方へ移ったとしましょう。
果たしてそれで日本が、どんな過程を経て良くなるのでしょうか?
そんな連中や、それを支持する連中の口からは、

「日本はシステムが旧態然としてるから世界に置いて行かれてるんだ!」

なんて趣旨の発言をしませんか?
ただし、そんな連中に聞きたいのですが、
「道州制に似た制度を導入してデフレを克服した国」ってどこでしょうか?
で、地方自治が発展し、小さな政府が達成された国では、
既得権は発生せず、誰しも不平を貯めずに生活しているんでしょうか?

私はそんな事例を知りません。

小さな政府を志向して規制緩和に明け暮れた米国では、
中長期的に製造業を失い、サービス業と金融業が幅を効かせる事になり、
モデルは「バブルを膨らませて経常赤字を垂れ流す事」になったわけです。
要は「錬金術で膨らませたフェイクマネーで海外からモノを買い漁る事」
で、仮初めの経済成長を遂げてきたわけです。
ただし、実態が伴ってないからバブルで、それはいずれ弾けます。
昨今のアメリカの凋落を見ればよく分かると思います。
また、財布(だけ)の共有と不動産バブルを謳歌したEUは、
今まさに現在進行形で危機が進行中です。

そして、外需や不動産バブルに依存し過ぎた韓国や中国を筆頭にした新興国
それらの国が順調に成長出来たのは、
アメリカやEUという「輸出先」が存在していたからです。
つまり、ほんの数年前まで活況を呈した国の殆どは、
根っこを辿れば「欧米のバブル」に支えられていたって事ですね。


では現在、世界を見渡して「最も危機と縁遠い国」はどこでしょう?

アメリカは基軸通貨故に安泰ではありますが、
ティーパーティーに財布を握られて成長モデルが描けません。
ドイツはEUの崩壊が始まれば連鎖して沈むのみです。
前述のとおり新興国は、欧米と命運を共にするしかありません。

そんな中、無能なド素人集団が政権を盗ったにもかかわらず、
「自国通貨が買われて仕方ない=円高が進行する」のが日本です。


それは何故か?
平たく言えば、製造業が強い=物作りが盛んで、国内に大きな市場があって、
世界的な金融工学を駆使した錬金術や不動産バブルの波に乗らなかったから。
要は、世界の流行に釣られ過ぎなかったからなのですよね。

なのに、何を勘違いしてるのか?
「それをぶち壊してやる!」と言ってるバカが受けるとか、
自己満足を国政に持ち込むのは、いい加減やめてもらいたいもんです。

抜本改革病患者の連中は、総じて視線がミクロ過ぎるのです。
海外事例の成功した部分「だけ」を羨んで、劣等感に浸るのは自由ですが、
それが継続的に成功しているのか?って部分には無頓着なのですよね。

日本の閉塞感の原因は、
・反対のための反対しかやってこなかった現与党
・省益確保に躍起になって、権限を振りかざす財務省
・情報を正確に分析し、伝える能力すら無い政治家とマスコミ

などなど「改革」すべきはシステムそのものじゃなくて、
そのシステムを「運用する側」じゃないでしょうか?
使う側が無知だと、どんなシステムを作っても結果は同じです。

今の日本はお金は足りてるのに、循環しない事が問題なのです。
それは主にシステム(中央集権)に問題があるわけじゃなく、
システムを生かせない、活かさせない連中の存在が問題なのです。

ある患者が運び込まれ、早急に全身に血を送ってやる事が先決だと分かりました。
あるベテラン医師は、臨床データが豊富な既存療法での治療を提案しました。
すると、やたら声だけデカい「自称名医」がしゃしゃり出て、
根拠もなく「もはや既存療法は古い!ダメだ!」とレッテルを貼り、
ろくに臨床データも無い新療法を持ち出して、
「これが効くんです、いや多分。勉強中だけどね。」と、試そうとしている。


この状況を理解した上で、
「自称名医」とやらに執刀を依頼する奇特なバカはどの程度いますかね?
「良いじゃない、1回やらせてみたら?」なんて言えますか?

今、みんなの党や橋下氏をしてる連中の殆どは、
何も知らず、ないしは知ったつもりになって、
「自称名医」に執刀をお願いしようとしてる気がしてなりません。
それが自分の身内や大切な人であっても、同じセリフが吐けますか?

早く患者の血液を循環させないと、健全な部位も壊死してしまいます。

今の日本に必要なのは、効果が不透明な怪しい新療法ではなくて、
古かろうが、確実な既存治療法です。

▼twitter、フォロー&RTでの拡散にご協力お願い致します<(_ _)>




【亡国法案初号機、臨時国会へ提出。】
↑私達の生活が、根本から変わってしまいかねない法律が作られようとしています!
みなさん、行動しましょう!!



▼日本に誇りをもつ5万人超の方が集まるSNSです。
民主党嫌いが集まってます(笑)こちらでも、日記書いてます(^^




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
テレビ報道が何でも正しいと思ってる方は一見の価値あり!



スポンサーサイト

テーマ : 橋本徹
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。