スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治塾ブームについて一考

【河村市長:政治塾設立へ…衆院選に向け 「大志塾」を意識:毎日】
 地域政党「減税日本」を率いる河村たかし名古屋市長は2日、次期衆院選に向け、政治塾を設立する意向を明らかにした。「大阪維新の会」の橋下徹大阪市長が3月に「維新政治塾」を、愛知県の大村秀章知事が4月に「東海大志塾」を旗揚げする動きを強く意識したとみられる。

 河村市長は2日、市役所内で記者団に「政治塾は衆院議員時代からやらなくてはいかんぞと言ってきた。(塾生が)100人でも1000人でも、もっと多くなればありがたい」と話した。

 河村市長によると、塾は自ら講師を務め、看板政策の減税などについて講義する。近く募集を始める。居住地は問わないという。

 減税日本の関係者は「敷居を低くして関心のある人を集め、塾生からの候補擁立も検討したい」と話している。

 同党は衆院愛知1~5区を中心に独自候補擁立を目指す。大村知事も東海地方で候補擁立を目指す考えを表明しており、名古屋市内の選挙区などで減税日本と競合する可能性が出てきた。
関連:【政治塾:愛知知事が「東海大志塾」設立発表 衆院選に向け:毎日】
------------------------

大阪の橋下市長に始まり、愛知県では大村、名古屋市では河村が
地方自治体首長による政治塾立ち上げが流行ってます。
もちろん、政治家が後世を育てる事に異論は有りませんし、
彼らの政策に共鳴し、教えを請いたいってのも自由だと思います。

ですが、一体彼らから何を学ぶのでしょうか?

拙blogでは橋下市長について取りあげた事がありません。
何故なら私自身、氏の評価を計りかねているからです。
「大阪都構想」は、リダンダンシー的な意味では賛成なのですが、
(震災等で東京が潰れた際、首都機能を代替するって意味で。)
橋下氏は「二重行政の解消」を掲げていますよね?
それが果たして必須なのかと言うと、私は若干懐疑的な部分も有るのです。

まず、大阪都構想等を語る上で常に「無駄」とされる
「大阪府=都道府県」と「大阪(堺市)=政令指定都市」の二重行政について、
ここの認識がなおざりだと、話が見えにくくなってしまうので、
「政令指定都市」について、平たく綴ってみます。

現在「政令指定都市(以下「政令市」)」に指定されている都市は、
福岡、京都、大阪、名古屋、横浜、札幌など、全国に19都市存在します。
【政令指定都市:wikipedia】
「人口が多く都市化が進んでる都市」ってイメージですね。
政令市は、県から様々な権限が委譲される(全てではありませんが)ため、
独自の政策展開が可能になりますし、国からも予算が配付されます。

そして都道府県(以下、便宜的に「県」)が「政令市=大都市」を抱えていると、
事業が大都市に引っ張られがちになって、
自ずと規模が小さい地方部には、手が回りづらくなってしまいます。
しかし現実問題として、地方ほど税収も少なく、行政組織が脆弱な場合が多く、
県や国の手助けを必要とするケースが多いわけです。

もちろん都市を抱えていれば、県の税収も増えるわけですが、
都市部の徴税で地方を賄う事になれば、不公平感を醸造する原因にもなりますし、
かと言って税収倣いでの政策展開では、地方の発展がなおざりとなります。

ですから都道府県から財源や権限を委譲し、大都市を自立させる事で、
大都市は自らのやりくりで更なる発展が可能ですし、
県はその他市町村の発展に手を掛けやすくなるわけです。

例えば、祖父母、夫婦、息子、という構成の家庭があったとします。
このうち、働いてるのが夫と息子で、あとは扶養家族です。
今は奥さんが、夫と息子の収入をまとめて管理し、衣食住の面倒を見ています。
でも、息子は自分の稼ぎを自由に使いたくて、奥さんは祖父母の扶養で手一杯。
家族会議の結果、息子は「稼ぎを自由に使って良いから自立」する事に。
これで、家計の総収入は減りましたが、息子の面倒は見なくて済み、
祖父母のお世話に尽力する事が出来るわけです。

上記の例で、夫婦を「都道府県」息子を「政令市」に置き換えて頂くと、
なんとなく「県」「政令市」の関係がイメージ出来ませんか?

財政面や政策面で、それぞれの目的に特化出来る事が大きなメリットの一つで、
「県」と「政令市」という、同格の治自体が存在すれば、
ハード面やソフト面(例えば庁舎や公務員)で行政コストが嵩むのは事実です。

ただ、前述のとおり「二重行政」は「政令市」が存在するメリットの一つでもあって、
それに要する行政コストは、目標を達成するための「手段」なのですから、
短絡的に「イコールで悪」とは言い難いわけです。
もちろん、そこで働く公務員や労組の怠惰なんてのは論外ですし、
根拠の不明瞭な手当など、説明出来ない優遇は正すべきだと思います。
ただし、それらが二重行政に起因するのかと言えば、多分関係無いでしょう。

昨今では大村や河村辺りが「中京都構想」などと妄想を馳せてますが、
彼らの場合、橋下氏以上に何がやりたいのかが分かりません。
現下、愛知県では名古屋市が存在する事で、
何らかの致命的な不利益でも発生しているのでしょうか?

話が逸れたので戻しますが、
以上のとおり「二重行政」を解消する事で何が良くなるのか?
イマイチ説得力の有るセリフを聞いた事がありません。
例えば、行政コストを削ってその分を公共投資に回したとして、
それは「誰かの所得や雇用を削って、違う誰かに所得や雇用を与えるだけ」で、
抜本的な雇用対策にすらなりません。

やたら「改革!改革!」と主張する政治家は多いのですが、
なにが問題で、そこをどう変えれば、何がどのように良くなるのか?
それをロジカルに説明しれくれる人は見かけません。

何だかよくわからないんだけど、
漠然と世の中が悪いのは、多分、今の仕組みや制度が良くないからだよね?
だから、何だかよく分からないけど、とりあえずぶち壊してみて、
新しい制度を作ってみたら、きっと良くなるかもしれないような気がする。


私には、こんな風にしか聞こえないのですが。

現下の日本が抱える諸問題は、
少子高齢化 → 20年も不景気が続けば出生率も下がって高齢化もする。
不景気   → デフレ時にインフレ対策やってりゃ景気良くなるはずがない。
年金問題  → 現実的な出生率と経済成長を保てば破綻しません。
社会保障  → 原資であるGDPが成長させ、足りない分を税なりで補うべき。
円 高   → 世界的な量的緩和&金融機器に日本だけ静観してりゃ当然。


など、経済が名目値で成長して行けば解決する問題が殆どです。
「世の中の閉塞感」とやらの正体は「長らく続く不景気」ですから、
道州制や都構想など、解決方法にはなり得ません。

イメージしてみて下さい。
役所の窓口で態度が悪かったAさんがクビになりました。
その浮いたお金を公共事業に回したおかげでBさんが雇用されました。

「Aの野郎、クビになってやんのざまぁwwww」


と、一時だけやっかみが満たされ、溜飲が下がるかもしれません。
ですが、それでお終いです。
それで私達の暮らしって、何か良くなるのでしょうか?
半年もすればAさんがクビになった事など忘れ去って、
Bさんを雇用した公共事業を「無駄だ!」と批判してるかもしれません。
それで「よし、じゃあ買い物奮発するか!」って思いますか?

景気の停滞とは「お金が滞っている事」が原因ですから、
解決策は「お金を使いたくなるような政策」です。
先日も綴りましたが、人が物を買ったり投資したりする動機とは、
「財布に金が有るか?」「儲かるか?」と、至って単純です。

そのためには「お金を動かす=使う」必要があって、
不景気の今、それが可能なのは、徴税や国債発行が可能で、
尚かつ「儲ける必要が無い」政府だけなのですよね。
そして、名目値の持続的な経済成長は、財政健全化にも繋がります。
※その辺りの事情は、過去記事を一読下さい。
【日本に巣くうシロアリ野田佳彦:過去記事】
ですから、今の政治家が掲げるべき政策は、
「デフレ脱却のため、こんなメニューで財政出動します!」では?
で、そのメニューで競い合うような選挙なら理想的ですよね。

「都構想の実現によって経済成長する!」

と言うんならさっさとやれば良いと思いますが、
前述のとおり、二重行政を解消したところで何も変わらないでしょう。
道州制にしろ二重行政の解消にしろ、
本来は「手段」であって「目的」ではありませんから。

例えばですよ?
「良い成績を取るため、塾に通って勉強する」場合、
目的は「良い成績を取ること」「塾に通うこと」は手段です。
ですから「お金がかかる」のは当然なわけです。

ですが「二重行政はダメ!」と「手段」を否定する連中は、
「塾なんてお金がかかるからダメだ!」と言ってるのと同じで、
既に「塾を辞めさせる事」が目的になってるわけですね。

ただし本来、目的は「良い成績を取ること」なのですから、
そこにコストが発生するのは当然なのですよね。
「塾は辞めるけど、他の手段でもっと良い成績を取る!」
と、目的達成のため、他の手段を提示するのなら構いませんが、
たいてい「ほら、塾辞めたからこんなにお金が浮いたよ!」
で、話が終わってるケースが殆どじゃありませんか?

全員が全員とは言いませんが、
「改革、とにかく改革したら良くなる!」だとか、
「閉塞感を打開するためには体制をぶち壊す」だとか、
やたらめったら主張する連中は、胡散臭くて仕方有りません。

なにせ、既に現状分析を間違えている可能性が大きいわけで、
インプットが間違っていれば、正しいアウトプットなど出てきません。

更には、民主党や自民党などの、既存政党に所属しながら、
それらの主張に乗っかってホイホイついて行く馬鹿どもは、
単に「議員で居続けたいだけの無節操な人間」でしかありません。
なにせ、今まで自分達が築き上げてきた物を全否定してるわけです。

減税やら都構想やらを掲げる政治塾は否定しませんが、
それに感銘を受けて集まった勘違い連中が国会で勢力を持つ事は問題です。
名古屋市議会を見てれば良く分かりますが、
「減税」という低レベルな目的に群がった寄せ集めが第1党で、
まともに議会答弁すら出来なかった逸材が勢揃いでしたから。


ですが、国会や政府が担う案件、つまり国政とは、
安全保障、外交、金融、財政、社会福祉、社会保障、等々多岐に渡ります。
自民党政権時代は「官僚機構が有るから誰でも務まる」と言われてましたが、
現政権を見れば、そうじゃない事は身に染みて分かったと思います。
官僚機構とは、あくまでも指示を受けて動く作業部隊です。
ですから本来、舵取りは政治家の役目なのですが、
そのためにも、官僚という専門家集団に与する知識が必要なのですよね。

ですが、民主党には「口だけ」の人材は非常に豊富ですが、
知識を持った人材が皆無だったため、
予算すら編成出来ず、挙げ句に財務官僚の傀儡となり果てました。
そして、その末路が「増税大好き野田内閣」です。

ですから、政治塾ブームに乗った、
「使命感だけの素人」や「議員になりたいだけの素人」が、
国会でそれなりの議席を占めるような自体になれば、目も当てられません。
そんな連中に、外交や安保が勤まるとはとても思えませんから。
更に、そんな馬鹿に押し出され、
「地味だけど質実な政治家」が落選する事だってあるわけです。

この2年ちょっと民主党政権を見てきてなお、
「雰囲気に流される事」の愚かさを実感出来てない馬鹿が多すぎですね。




▼twitter、フォロー&RTでの拡散にご協力お願い致します<(_ _)>
コンサバ21twitter



【亡国法案初号機、臨時国会へ提出。】
↑私達の生活が、根本から変わってしまいかねない法律が作られようとしています!
みなさん、行動しましょう!!



▼日本に誇りをもつ5万人超の方が集まるSNSです。
民主党嫌いが集まってます(笑)こちらでも、日記書いてます(^^




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
テレビ報道が何でも正しいと思ってる方は一見の価値あり!





スポンサーサイト

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。