スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島その後

強硬姿勢の中国 2005年との違いは? 中国漁船衝突事件

 【北京=川越一】沖縄・尖閣諸島周辺海域で起きた中国漁船衝突事件をめぐる
日中の軋轢(あつれき)は、中国人船長の勾留(こうりゅう)延長で激化の様相
を呈している。反日デモの“嵐”が吹き荒れた2005年のときと比べると、さ
まざまな相違点が浮かび上がってくる。

 小泉純一郎元首相の靖国神社参拝や日本の国連安全保障理事会常任理事国入り
への反対などが引き金になり、05年4月初めから中旬にかけて北京や上海、広
州、深●(=土へんに川)などで大規模な反日デモが相次いだ。北京の日本大使
館や上海の日本総領事館が投石を受けるなどし、日本料理店が焼き討ちにあう事
態にまで発展した。

 当時、中国外務省報道官は「日本の指導者は中国人民の感情を無視した」など
と主張。崔天凱アジア局長(当時、現外務次官)も「両国関係の政治的基礎を傷
つけ、中国やアジアの人民の感情を傷つけた」と述べるなど、中国側は一貫して
“感情論”を唱えた。

 それが人民レベルの反日をあおり、デモが激化した側面もある。ただ、中国政
府は4月中旬以降、対日関係の修復に動き、経済交流や民間交流に大きな影響が
及ぶことはなかった。当時はまだ、日系企業の撤退などによる中国側の“損失”
が大きかったからだ。

 今回の摩擦の根幹にあるのは領土問題。そして、世界2位の経済大国の座をう
かがうほどの成長を遂げた昨今、日本からの投資に影響が出たとしても“損失”
は限定的だ。1万人規模の訪日団の中止も、日本側が受ける痛手の方が大きい。

 この5年ほどでインターネットの普及が進んだことも見逃せない。政府が弱腰
の態度を見せれば、すぐさまそれを非難する世論が沸き起こる。

 今回の反日デモはまだ中国当局のコントロールが効いている。ただ今後、「中
国人民の感情」を刺激する事態が加われば、“嵐”は理性を失いかねない。



産経の記事では、2005年と今回の事例を比較して、
今回、中国側が強硬姿勢を貫ける理由として、
経済大国となった現在では、日本からの投資など大勢に影響が無いから。
としていますが、果たして本当にそんな理由からでしょうか?

それは違うのでは?

今回中国は、明らかに民主党政権を揺さぶりに来ています。
ついこの間まで、特亜大好き岡田氏が外相でしたし、
強硬的な態度で臨めば、すぐに妥協するだろうと踏んでたはずです。
だから、わざと巡視船に漁船ぶつけて船長捕まえさせて、
いちゃもんつけて来たのでしょう。

ですが、今回の菅改造内閣では、前原氏が外相となりました。
前原氏は以前、北京で「中国は軍事的脅威」って発言してみたり、
中国の軍備増強をめぐって、中国軍幹部と討論してみたり、
中国からは対中強硬派として認識されています。

今回の一件でも、
「(尖閣諸島に)領土問題はない」
「日本の国内法に基づき粛々と対応する。それに尽きる」

と、民主党閣僚のくせに、珍しくまともな対応を執っています。
いや、決して悪いと言ってる訳じゃありません。
民主党のくせに正論過ぎてちょっと戸惑ってるだけです。

国交相時代には、
「マニュフェストに書いてあんだろうが!」
という理由だけで、八ツ場ダムの建設を頑なに中止したりと、
もの凄くワガママでだだっ子な前原氏ですが、
良く言えば「信念を曲げない」という見方も出来ます。
ちなみに現在、八ツ場ダム問題は絶賛放置中ですが。

注)マクロ経済的に、建設推進は一切無駄では有りません。

そんな前原氏が、持ち前のだだっ、もとい、強い信念を持って、
中国に対して、当たり前n、もとい、毅然とした態度をとっています。

恥ずかしながら、
初めて民主党の閣僚を頼もしいと思ってしまいました。

まあ、これもひとえに、前任の外相がカス過ぎた事や、
そもそも、民主党自体がゴミ屑過ぎるために、
「普通の事言っただけなのに、すごくまともに聞こえた」
という、消極的な理由に由来するのは言うまでもありませんけど。

でももし、石原都知事くらいの発言が出来たら、
少なくとも外相在任中くらいは支持してやらんでもない。
「中国はやくざと同じ」「頼まれても行かない」by石原知事

そして、前原氏後任の馬淵国交相が、またまともな事言ってます。
馬淵国交相 中国副局長の表敬を拒否 「冷静」装う他閣僚と温度差

あらやだ、頼もしい。

しかし今回の一件で、落とし所を無くしてるのは明らかに中国です。

中国は、GDPの4割超を外需に依存している、超輸出依存国家です。
そして中国は、自国の輸出を有利にするために、
粛々と為替介入を続け、不当な人民元安を維持し続けているのです。

自国通貨が安いと、輸出産業に有利なのは周知の通りです。
算数レベルの話ですが、
1$= 50円(円高)の場合:100円の商品を買うのに2$必要
1$=100円(円安)の場合:100円の商品を買うのに1$必要

という事になりますよね。

転じて、自国通貨安は輸入には不利に働きます。
1$= 50円(円高)の場合:1$の商品を買うのに50円必要
1$=100円(円安)の場合:1$の商品を買うのに100円必要


自ずと、輸入製品の国内での流通価格も高騰する訳で、
中国人民は、慢性的な物価高と低賃金下での生活を強いられており、
人々の不満が鬱積し、禁止されているはずのデモが頻発しています。

更に、中国経済の生命線である輸出産業の明るくありません。
サブプライムローン問題を端緒に、アメリカ・欧州とも不況に喘ぐ現下、
中国の「お得意様」が、以前ほど物を買ってくれなくなりました。
しかもアメリカに至っては、輸出倍増計画を掲げており、
中国を「為替介入国家」と名指しで批難するほどです。

かといって人民元安政策を止めると、外需産業が総崩れを起こし、
中国の仮初めの経済成長は終焉を迎えます。
なので、簡単に為替介入はやめられませんが、
為替介入をいつまでも露骨に続けると、
アメリカからの圧力は益々増していくでしょうし、
中国人民の不満も日を追って膨らんで行くでしょう。

つまり中国は、引くも地獄・進むも地獄という最悪の状況に立たされています。

尖閣諸島での一件は、批判の矛先を日本に向ける事で、
鬱勃とする不満のガス抜きを狙ったのと、
尖閣諸島の領有に有利な既成事実を造ってしまうための画策だったのでしょう。
ただ、予想に反して民主党が「当たり前の対応」を執るので、
「おいおい、困ったぞこれはwww」
と、追い込まれた中国は、遮二無二、譲歩を引き出そうと、
日本へプレッシャーをかけまくっている昨今です。

ですが、ここで日本が譲歩する必要は全くありません。

日本は、経常収支黒字国家ですが、主に所得収支がそれを支えており、
輸出入の差額である貿易収支は、対GDP比で微々たるもので、
中国のような輸出依存国家ではありません。

そして「中国からの旅行客」によってもたらされる所得は、
「サービス収支」に分類されますが、日本は毎年赤字です。
ただしその額は、所得収支の1割前後の額(赤字)で推移しており、
中国からの観光が中止になった所で、大勢に影響は有りません。
(ミクロ的に打撃を被る産業も有るかとは思います。)

その他の貿易収支については中国側の日本に対する依存度は、
輸出が約8%、輸入が約13%です。(2009年値:ジェトロHPより)

詳細は割愛しますが、大雑把に言うと、
日本から中国へ輸出している製品については、
付加価値の高い「替えが効かないもの」が多いのに対し、

中国から日本が輸入している製品については、
付加価値の低い「替えが効くもの」が多いのです。


つまり、仮にお互いの国家で、本格的な不買運動などに発展した場合、
どっちの方がより困るかというと、明らかに中国なのです。
(もちろん、日本も困りますけど。)


・・・と長々と綴って来ましたが、
仮に今後、日本が強硬姿勢を執り続けて、日中関係がこじれたとして、
より、国益を損なうのは中国であって、
尖閣諸島で捕まえた船長は、日本国内法によって厳正に処分し、
決して中国の恫喝には屈する必要は有りません。
それが日本にとって、最良の選択となるのです。
このまま要求をつっぱね続ければ、相手はいずれ自滅するはずです。

私たちが今すべき事は、ニヤニヤしながら事の成り行きを見守る事と、
世論に超左右されやすい民主党政権に対して、
「頑張れ前原!折れんじゃねぇぞ!中共の言いなりになんじゃねえぞ!」
というメッセージを届ける事でしょう。
私はとりあえず前原事務所と民主党本部に電話済みです。
しかし、初めて民主党本部に前向きな主旨の電話をかけましたよ(笑)

以下、それぞれの連絡先ですので、気が向いた方は電凸してみて下さい。

前原誠司事務所
電 話:075-723-2751
FAX:075-702-9726

民主党本部
電 話:03-3595-9988
FAX:03-3595-9961



「よしっ!いっちょ電凸してみるか!」
と思った方はポチっと↓


スポンサーサイト

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。