スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPでも国民を騙す枝野

【TPP交渉参加、経済活性化につながる…首相:読売】
 衆院は17日の本会議で、野田首相によるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の報告と質疑を行った。

 首相は、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加の意義について、「世界の成長エンジンであるアジア太平洋地域の成長力を取り込み、日本経済の活性化につながる。雇用の増加や国民生活の改善に資するもので、震災からの復旧・復興にとっても重要だ」と改めて強調した。政府による情報提供が不足しているとの批判に対しては「指摘は重く受け止め、各国との協議で得られた情報を含め、政府を挙げて一層の説明や情報提供にしっかりと努めていく」と述べた。
(略)
-------------------

野田はこの期に及んで、
「成長するアジア」「経済活性化」「雇用の増加」「震災復旧」
など「それっぽく聞こえるフレーズ」を連呼して、
TPP推進で、さもバラ色の未来が保障されるような言い方をしますが、
それが「推進のためのこじつけ」である事は、過去に散々綴ってきたところです。

※推進派の論拠とそれに対する反論を箇条書きにしています。
【TPP推進の理由は「推進したいから」:過去記事】

そして上記箇条書きの論拠として、拙blogで綴った記事です。
【盲目にTPPを推進するバカ:過去記事】
【TPP参加を煽る時代遅れな人々:過去記事】
【【TPP】息を吐くように嘘を言う藤村官房長官:過去記事 】
【TPP推進の論拠が色々怪しくなってきた件 】
【TPPで民主党を追い込もう!(電凸テンプレ有)】

上記指摘に対して推進派からロジカルな反論は有りません。
しましまあ、なんでもかんでもTPP推進にこじつけるなよ。

仮に日本がTPPに参加して、各産業が奇跡的に価格競争を勝ち抜き、
TPP参加各国の国内シェアを奪い取ったとしましょう。
ただしその恩恵が「東北地方」にもたらされるか否かは非常に不透明です。

なにせ、3次補正がやっとこ衆院を通過したばかりで、
今、「復興」という面で予算付けされてるのはガレキ撤去までです。
(2ヶ月前に被災地を見てきた時、まさにガレキ撤去の真っ最中でした。)
【被災地を訪ねて:過去記事】
ですから、

「雇用の増加や国民生活の改善に資するもので、
 震災からの復旧・復興にとっても重要だ」


と言うのなら、まずはさっさと被災地のインフラを再構築して、
被災地の状況を、競争の土台に載せてから言うセリフだと思うのですが。
とてもじゃないけど、3次補正だけじゃそれは不可能です。

東北地方の一次産業就業者割合は、ブロック別に見て全国一位です。
【国土交通白書:国土交通省】(データが少し古いですが)
そして、東北地方の一次産業における農業のシェアは、約8割なんだとか。
【高速道路のあり方検討有識者委員会:国土交通省】
もちろん、東北の農業従事者全てが被災者ではありませんが、
野田政権が「農業保護」のために掲げる枠組みは「戸別保障」なのですが、
それは単に「赤字補填の現金バラマキ」です。

「赤字を国が補填してくれる」って制度で、果たして競争力がつきますか?
それこそ、野田が「危惧する」と言ってた「保護貿易」の一貫なんですけどね

しかも、そもそも戸別補償のような「補助金」が、
非関税障壁として撤廃の対象に成りかねないわけです。
散々「守る物は守る」だの「国益」だの甘美な言葉を並べる野田佳彦ですが、
「実は何も考えていない」という事が非常に良く分かります。
さすがに、対策を問われて「ありません」とは答えられないから、
欠陥だらけの有り物を引っ張り出してきて「これです。」と言ってるだけです。

それ以外にこのボンクラどもの口から、
具体的に非関税障壁になり得ない対策を聞いた事がありません。
「●●は対象外だ!」「●●は守る!」とかね。
それならさっさとアメリカに「ネガティブリストはこれだ!」と示せよ。
「全品目・全サービス対象です。」って発表されて黙ってる場合じゃない。

被災地は未だ「競争できる土台にも乗ってない」状況なわけです。

骨折して、とりあえず応急処置の添え木当ててる状態の人に、
「頑張って走ったらすごいご褒美あげるよ!」と言ってるようなもんです。
本気で怪我人の事を考えているのなら、
骨がくっついてリハビリが済み、走れる状態になってからかけるセリフです。
なのに野田は、

「痛み止め打ってあげるから走れるでしょ?」

と、骨折してる人間に痛みを誤魔化してレースを強要してるわけですが、
実はその痛み止めすらルールに抵触する可能性が濃厚な状況です。
それでいて、

「大丈夫、大丈夫、なんとかするからwwww」

って、信用出来るかボケ。
だから「どうして大丈夫なのか」を具体に示せと、何度言えば分かるんだ?
10000000000000000000歩譲ってTPPが、
日本経済に寄与するとして「自由貿易=自由競争」を推進する協定である以上、
手負いの被災地に資するものではありません。

野田や前原を筆頭とするアホな推進派や、
新聞やテレビに顔を出すバカな推進派の自称評論家どもは、
「被災地の復興が」などと、軽々しく口にしますが、
単に「推進したいがための口実」に被災地を利用しているだけです。

でもって、相変わらず例の「全品目が云々」について。

【TPP「全品目が交渉対象」=大臣説明資料に記載-経産省:時事】
【USTR代表との会議録開示を=TPP慎重派:時事】
上記を要約するとこんなこんな感じ。

経産省が作成した手持ち資料に
「全ての品目・分野を交渉の対象とする用意がある」
「国民的な議論の末、日本をたつ直前に野田政権として交渉参加を決断した」

という記載があった。

枝野「それは単に可能性を整理しただけで、APECでは使ってないし、
   もちろん、そんな事は言ってないに決まってるじゃん、嫌だなぁwwww」

反対派「オイコラ議事録開示しろ!」

とまあ、相変わらず「これは酷い」に尽きる茶番劇です。
枝野が「あらゆる可能性がうんらたかんら」などと抜かしてますが、
情報を出さず、有っても隠して嘘をつき、開国フォーラムとやらも開催せず、
必死で「国民的な議論」から逃げ回ってきた連中が、
どうして「国民的な議論の末」ってのを想定出来るんでしょうかね。

種も撒かずに収穫を想定するバカはいないでしょ?

こういう低レベルで見え見えの嘘で目先を乗り切って、
それを積み重ねて国民を騙し続ける姑息さは死ななきゃ直りません。
官房長官時代の原発絡みの発表と言い、
枝野には「国民に対して真実を伝える」という考えは一切無いみたいです。

それに対して「会談記録を開示しろ!」と躍起になる反対派ですが、
それで開示される記録に「全て交渉対象です・国民的議論を尽くしました。」
って、書いてあると思う?
仮に書いてあったら「会談記録は日米間の信用問題がどーたら・・・」
とか言って、開示しないに決まってるでしょうが。

さらに、会談記録が開示されて、そこに指摘されるような記載が無ければ、
(開示されるような記録なら、確実に記載は無い。)
枝野「ほら、言ってないでしょ?」と、開き直られるだけなんですけどね。

ただし、今回会談記録の開示に応じると、
以降、全ての会談記録をオープンにする必要に駆られますから、
まず、開示される事はありません。

要は「開示されないのを分かった上でのパフォーマンス」なのでしょうね。
「ほれ!俺達はこんなに頑張って反対しているんだ!」という。

だからこういう「書いてある・書いてない」「見せろ・見せない」という、
どうでも良い部分に労力裂いてるヒマが有るんなら、
さっさと「全ての物とサービスが交渉対象」ってアメリカの主張を否定する、
「国会決議」を採決に持っていく努力に時間を割けよ。

燃えさかる炎を前にして、
A「火を放ったのは俺じゃない!」
B「いや、お前だ!」
A「証拠はあるのか!」
B「ほら、ここに書いてあるぞ!」

A「そう書いてあるけど、その文章は違うんだ!」
B「だったらその違うってソースを出せよ!」
A「ソースは俺、だって言ってねーしwwww」
B「そんなの信用出来ないっつーの!」


とか、やってるヒマがあったら、まず消火する術を考えろ。

で、そろそろこちらもお尻に火が付き始めました。
【評価書提出認めぬ=普天間移設、官邸に意見書提出-沖縄県議会:時事】
 沖縄県議会の超党派議員団(団長・渡嘉敷喜代子県議)は18日午前、首相官邸を訪れ、政府が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を同県名護市辺野古に移設するための環境影響評価書の年内提出を準備していることに対し「容認できない。提出を断念するよう強く要請する」とする野田佳彦首相宛ての意見書を提出した。
 首相は12日のオバマ米大統領との会談で、辺野古に移設する日米合意を履行するため、評価書を年内に沖縄県に提出する方針を伝えた。しかし、県側が反対姿勢をより明確にしたことで、政府が提出を強行すれば、移設問題は一段とこじれるのは避けられない。
 意見書は14日に県議会が全会一致で採択したもので、普天間飛行場について「県内移設に反対し、国外・県外に移設を求める」と強調。評価書提出に関しても「県民の総意を無視するもので、到底看過できない」と批判している。
-------------------

オバマ相手に「年内の評価書提出」を約束した野田でしたが、
対する沖縄は、その受け取りを頑なに拒否しています。
野田が渡そうとしてるのは、原案の環境アセスメントの評価書であって、
つまり「民主党が一度否定し、ぶち壊した自民党案」って事です。
それを何食わぬ顔で「受け入れろ」と言ってるわけですから、
沖縄が「出来るわけねーだろ」と突っぱねるのは当然の事です。

※その辺りの事情と「環境アセスメント制度」については、
 過去記事で綴っているので、興味の有る方は一読下さい。

【「最低でも県外」だったはずの普天間が「最高でも原案」に:過去記事】
地元は受け取りを了解してないのに、オバマには「提出します。」と約束する。
地元に対して同意を得ず、根回しも出来てないものを、
相手国のトップに約束してしまう浅薄な愚かさ、どうにかならんのか?

しかしこれ、沖縄は一筋縄では受け入れませんよ。
民主党の中途半端なTPP反対派と同一視してたら痛い目見るのは確実です。
そして、自ら設定したリミットは「年内」

普天間が野田政権で火を噴く事フラグが満載ですね。



▼twitter、フォロー&RTでの拡散にご協力お願い致します<(_ _)>
コンサバ21twitter



【亡国法案初号機、臨時国会へ提出。】
↑私達の生活が、根本から変わってしまいかねない法律が作られようとしています!
みなさん、行動しましょう!!



▼日本に誇りをもつ5万人超の方が集まるSNSです。
民主党嫌いが集まってます(笑)こちらでも、日記書いてます(^^




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
テレビ報道が何でも正しいと思ってる方は一見の価値あり!




スポンサーサイト

テーマ : TPP
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。