スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TPP】野田事務所&民主党へ電凸した【交渉参加】

【日米首脳会談のTPPめぐる発言で食い違い、米政府声明を日本が否定:ロイター】
 [ホノルル 13日 ロイター] 日本政府は、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合で米国ハワイを訪れている野田佳彦首相がオバマ米大統領との会談で、日本が環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向けた協議に入る上ですべての物品およびサービスを貿易自由化の交渉対象に含める方針を明らかにしたとするホワイトハウスの12日付声明を否定した。 

 一方、ホワイトハウス側は日本側の否定にかかわらず、この声明を維持している。 
 
 日本政府は「野田首相が首脳会談でこのような発言をしたということは事実ではない。われわれは米国側に対し、問題の声明は事実でないと指摘し、説明を求めた」とする声明を発表。
 「日本側が過去に発表あるいは示した基本方針と説明に基づく米国側の解釈であり、そのような発言は(今回の首脳会談で)なかったことを確認した」としている。 

 双方の意見の食い違いについて、マイケル・フローマン米大統領副補佐官(国際経済担当)は「両国がTPPの包括性、二国間で解消する必要のあるさまざまな問題、それに向けた第一歩である協議プロセスについて話し合ったとする、われわれの先の声明を支持する」と語った。 
 野田首相は11日に東京でTPP交渉参加に向けた協議入りを表明した際、「世界に誇る日本の医療制度、日本の伝統文化、美しい農村」を守る決意を示していた。
---------------------

野 田「日本の医療制度、伝統文化、美しい農村を守る(キリッ」
 ↓
米政府「日本が物からサービスから全部自由化対象に含めるってよwwww」
 ↓
日本政府「野田はそんな事言ってないブヒッ!」


国会議員の過半数が「交渉参加反対」の意思表明をしてて、
尚かつ国民に対しては、必要な情報を伝えるどころか、むしろ全力で隠蔽し、
しかも、11日の予算委員会でTPPの肝「ISD条項を知らない」という、
もはや犯罪級の不見識さを露呈しつつも「えっと、色々守ります。」と、
言い逃げしてハワイへ逃亡した油ブタでした。

「ISD条項」とは平たく言うと「TPPルール>国内法」という決め事で、
例えば海外企業が「日本の法律は不当に厳しく、投資の障害になってる!」と、
日本政府を「国際投資紛争解決センター(ICSID)」に訴える事が可能なのです。
※ICSID:ワシントンを本拠地とする、世界銀行の傘下組織です。

TPPとは極端な「自由貿易」を売りにした協定ですから、
海外企業を自国企業と同等に扱う必要があるわけです。
で、例えば米国企業が日本の事業展開を考えて乗り込んできたところ、
日本の法律が足枷となって、思うように利益が上がらなかった場合、
「俺の企業が設けられないのは日本の法律が悪い!」
と主張する事が可能で、それが「TPPルール」に照らして適当だった場合、
「日本政府が悪いから賠償金払え」と言われてしまいます。

しかも上告は不可。

ICDISの判断で日本の国内法を改訂する義務はありませんが、
例えば同等の案件で訴えられた場合、日本政府は負け続けるわけですから、
国内法を改訂する圧力ともなりかねません。

いくら国内法を整備して「守る!」と主張した所で、
その「守るための法律」のせいで海外企業が「競争を妨げられた」と主張すれば、
日本政府が金を毟り取られる可能性が有るのですから。
そもそも「自由に平等に」がTPPの趣旨なのですから、
「特定産業を保護する政策」はISD条項に引っかかる可能性を否定出来ません。
野田は、それすら知らず「守るべき所は守る!」などと抜かしてたわけです。


アホか。


※ISD条項の詳細は、ロイターのコラム(の後半)を一読下さい。
【TPP参加は避けて通れず、公平な仲裁手続き不可欠:ロイター】

もちろんこれは、相手国にも適応されるルールですが、
そもそも日本は「デフレで投資先が乏しい」のが不況の原因ですから、
わざわざ国内法を改定してまで、海外投資を呼び込むメリットなど有りません。
と言うか、人件費が高く、尚かつ消費が冷え込んだ今の日本市場に、
利益最優先の投資マネーが流れ込むメリットが有るとは思えませんけどね。

しかも、デフレが解消して景気が回復(名目GDPがプラス成長)した場合、
日本には世界に誇る「デフレギャップ=潜在需要=過剰貯蓄」が存在するわけで、
敢えて規制を緩和して「移り気な海外投資」を呼び込むメリットはありません。
国内貯蓄に乏しい新興国なら話は別ですが、
「国の借金(笑)」は全て内国債で(つまり大半は国民から借りている)
世界最大の貯蓄高を誇る日本においては、
わざわざ「海外のお金を借りて成長する」必要は無い、という事です。

新興国が「投資を呼び込む」意味と、
先進国が「投資を呼び込む」意味を履き違えてはいけません。

前者が「外資に頼った成長」を目的としているのに対して、
後者は「海外企業にもビジネスチャンスを与える」事を目的とすべきです。

そんな意味では、日本に「外資系企業」が存在する現状を、
「鎖国」と表現するのは、ミスリードを通り越して既に「無知」の領域です。
先進国に必要なのは、海外企業にも門戸を開きつつも、
「日本国民」の豊かさを最優先する「適切なルール」を維持する、
「秩序ある自由化」だと思います。

つまり「現在の枠組みを変える必要など無い」って事です。

日本がデフレに苦しむ理由は「海外投資が足りない事」ではありません。
市場が魅力的なら、少々規制が有ろうと資本は流れ込んで来ますし、
むしろそれを「整流」する仕組みは絶対に必要です。

ですが、後発である日本がルール作りに参加する事は既に不可能です。
それは、APECでの野田の扱いを見ていれば容易に想像可能です。
【TPP首脳会合、野田首相は出席できず:読売】
【TPP参加9カ国「大枠合意」米、来年中の妥結目指す:47NEWS】
とまあオバマに「ルールの大枠出来ました」と宣言されるわ、
そもそも、9ヶ国首脳会議には呼ばれもしないわで、
多少なりとも交渉能力があるのなら「オブザーバーで参加」とか、
恥をかかずに済む方法などいくらでも有ると思うのですけどね。

そして、そんな野田の体たらくブリを踏まえて、
民主党本部&野田事務所へ電凸してみました。

基本的に双方とも、同じ内容の意見を伝えたのですが、
得に民主党本部「国民の声」の窓口担当者は、既に声が死んでました。
やはり、相当数の「ご意見」を頂いているとの事でした。

また、民主党本部への電凸は、こちらの意見に対して、
覇気のない担当者が、淡々と消え去りそうな相づちを打ち続けるだけなので、
今回は、反応が有った野田事務所への電凸を書き起こしてみます。

今回の電凸先はコチラ↓
民主党本部:03-3595-9988
野田事務所:047-496-1110


野「はい、野田事務所でございます。」
私「TPPの関係で意見があるのですが、コチラで宜しかったでしょうか?」
野「はい、結構です。」

私「先週の国会で、野田総理がISD条項を知らない事が明らかになりました。」
野「・・・はい。」(※肯定「はい」ではなくて相槌の「はい」以下、同)
私「しかも9ヶ国首脳会議ではオバマが「大枠が決まった」と言いましたよね。」
野「はい、そのような報道が有った事は知っています。」
私「その2点を持って、既にTPPを進める大儀は無くなったと思いますが。」
野「・・・。」
私「野田総理は金曜日「守るべきものは守る」と主張されましたよね?」
野「ええ、そのような趣旨の発言をしました。」
私「ルール作りに参加も出来ず、なおかつISD条項すら知らなかった人が、
  何をもって「守る物は守る」と言えるんでしょうか?」
野「・・・・。」
私「民主党はいつもそうなんですよ。出来もしない事を声高に宣言して、
  結局出来なくなって、問題を拗れさせたまま放り出して先延ばしにする。
  普天間でも震災対応でもそうなんですよ。
  ただし、今回は明確に期限が切られている中で、
  中途半端な態度のまま先送る事は、絶対に不可能ですよね?
  参加国に多大な迷惑をかける事になります。」
野「・・・はい。」

私「今でも、過半数の国会議員がJA全中の反対署名の紹介議員になってますし、
  TPP参加への批准が、国会で可決される保障はどこにもありません。
  仮に、ルール作りの末期にちょこちょこっと参加できて、
  奇跡的に日本の意見が盛り込まれたとしましょう。
  でも「結局、国会通りませんでした」が想定される状況で、
  何の問題や反対も無く、すんなり交渉に参加出来ると思いますか?」
野「おっしゃる事はよくわかります。」
私「このままでは、他人が作ったルールを無条件で飲まされるのがオチですが、
  野田総理や民主党に、それを突っぱねる気概が有るとは思えないのですよ。
  だから、日本がTPPに参加するメリットなど無いと思うのですが。」
野「・・・。」
私「そもそも、自由貿易を推進し、他国に市場を求めるという事は、
  他国のGDP、つまり雇用を奪い取る事ですよね?」
野「・・・。」
私「私は、その行為は違うと思うのです。自由貿易を進めるのなら、
  ある時期までは日本が先導し、将来的に相互に豊かさを享受し合う。
  従来通り個別にEPAを締結する形で良いと思っています。
  ですが、今の状況でTPPに参加すれば、
  「日本が一方的に食い物にされる」可能性しか考えられません。
  少なくとも、希望的観測だけで事を進めるのは慎むべきだと思います。」
野「ただし、野田は以前から自由貿易論者です。」
私「それは知ってますよ。ですから、私は自由貿易を否定するのではなくて、
  ルール作りにすら参加出来ない「TPPではダメ」と言っているんです。
  では聞きますが、自由貿易の手段とはTPPだけなのですか?
  TPP参加予定の9ヶ国のうち、日本は既に7ヶ国とEPAを締結したり、
  締結に向けた交渉を行ってますし、インドともEPAを締結しています。
  そのスタンスじゃダメなんですか?」
野「・・・。」
私「あ、ちなみに別にあなたに対して怒ってるわけじゃありませんからね?
  あくまでも「野田総理」という公人と、強硬な推進派に対してですから。
  きつい事言っても凹まないで下さいね。」
野「はい、そういうスタンスで伺っております。」
私「IMF以降、得に昨今の韓国だとかを見ているとですよ?
  自由貿易は必ずしも国民に豊かさをもたらすとは思えないのです。」
野「はい。」
私「で、今TPPを推進してるのは経団連とかね、
  関税が撤廃されると、多少なりとも有利になりそうな団体ですよね?」
野「微々たるものとは言え、ゼロになれば、ですね。」
私「韓国だとサムスンやヒュンダイなんかが有名どころですけど、
  輸出に力を入れた大企業の利益は、イコールで従業員の豊かさに繋がらない。
  実際、韓国では平均給与が下がり続けています。」
野「はい。」
私「TPPはまさに、そんな社会を産み出す枠組みのひとつですよね?」
野「・・・。」
私「TPPを推す経団連に対して、農協や医療団体、多くの国民が反対している。
  本来、「政府」が見るべき方向はどちらですか?
  一部の大企業ですか?大多数の国民ですか?」
野「・・・。」
私「私は、社会主義や共産主義は日本にはそぐわないと思ってますし、
  日本のような経済大国が、極端な保護主義を執るのも問題あると思います。
  ただ、かといってワシントンコンセンサスが絶対だとも思っていません。
  というか、昨今のIMFを見ていると間違いだと思ってるくらいです。」
野「分かります。」
私「がんじがらめはダメですが「秩序を保つための規制」は必要だと思います。
  それに日本経済が低迷してるのは「自由化が足りないから」ではありません。
  それらを考慮すると「国益のためTPPを推進する」という結論は、
  どう考えてもあり得ないはずです。」
野「・・・。」

私「震災以降、開国フォーラムすら開催されてなくて、
  とてもじゃないけど国民と情報を共有しているとも思えません。」
野「開国フォーラム?」
私「昨年のAPECで、菅が勝手にTPP参加を表明した後に、
  国民に周知するためにやるって言ったじゃないですか、知らないんですか?」
野「当時、野田は担当ではありませんでしたから・・・。」
私「当時がどうこうじゃなくて、今の総理大臣は野田さんでしょ?
  で、前任が国民に周知するために「やる」と宣言してたわけですよ。
  それを知らない?引き継いでないんですか?」
野「いえ、私が知らないだけかもしれません。」
私「いずれにしても、交渉参加表明前に開催されなければ同じ事です。」
野「失礼しました。」

私「そう言えば野田総理は「ドジョウ」なんて呼ばれてますけど、
  このままTPPを強硬するのであれば、日本がドジョウに汚染されてしまう。
  これじゃあまるで「ドジョウ汚染」ですよ。」
野「・・・どじょう?汚染?えっと、原発の話ですか?」
私「あ、いえ「土壌」と「ドジョウ」をかけて、上手い事言ったつもりです。」
野「はい?」
私「えっと、だから魚類n・・・いえ、「どじょう」の話は忘れて下さい。」 
野「宜しいんですか?」
私「はい、電話では色々と難しいので。」
野「そうですか。」
私「要するに、野田総理が「国民のため」というスタンスで物を考えるなら、
  既に「TPPを推進する」という選択はあり得ないと、そう思います。
  そして、引くのが早ければ早いほど「傷口」は浅くて済むと思います。
  ですから、野田総理にはタイミングを見て「引く勇気」を持って頂きたい。
  そんな風にお伝え下さい。」
野「ご意見は承りました。」
私「単に「反対」ってだけじゃなくて、理由も添えて下さいね。」
野「はい、ルール作りの件、国民への周知不足、世論への配慮などですね?」
私「あとISD条項知らなかった件と、自由貿易を勘違いしないでって件です。」
野「了解致しました。」

私「ちなみに、こういう電話多いですか?」
野「ええ、非常にたくさんのご意見を頂いております。」
私「反対意見が多くないですか?」
野「はい、殆どが慎重派の方のご意見ですね。」
私「やはりそうですか、長々と失礼しました。」


・・・と、こんな具合の電凸でした。
民主党や野田事務所へは、TPP絡みで何度か電凸しているのですが、
ここ数日は、反対派からの電凸数が半端無いそうで、
電話口の対応からは「もう、お腹いっぱい感」がヒシヒシ感じられました。

交渉参加を表明したものの、
このまますんなり事が進む事はまずあり得ません。
拙何度も綴っていますが、TPPで日本経済が上向く事はまずあり得ません。
【TPP推進の論拠が色々怪しくなってきた件 】
【TPPで民主党を追い込もう!(電凸テンプレ有)】

「引くも進むも地獄」なのは確かですが、
既に「引くに引けない状況の野田は」意地でもTPPを推進するでしょう。
それで、強引に推進して民主党が割れたとしても、
TPPに参加してしまえば(それすらも難しいわけですが)
さすがに「やっぱり間違いでした、抜けます」とは言えません。

ですから、まだまだチャンスが残されている今、
民主党の日和見政治家どもに、プレッシャーを掛け続けるべきです。
仮にこの先、反対の声が小さくなれば、
奴らは「条件丸飲み」で、コソコソと参加に向けた協議を進めるでしょう。

それをさせないためには、何かしらの意思表示が必要です。
電凸、メル凸、FAX凸、デモへの参加、ツイッターでの拡散等々、
対象は主に民主党議員などなど。
ここ数ヶ月だけ、他力本願をやめる人が増えれば結果が変わるかもしれません。
なにせ今回民主党は「膨大な組織票」を敵に回していますからね。

やれば何か変わるかもしれませんが、
やらなければ何も変わりません。




▼twitter、フォロー&RTでの拡散にご協力お願い致します<(_ _)>
コンサバ21twitter



【亡国法案初号機、臨時国会へ提出。】
↑私達の生活が、根本から変わってしまいかねない法律が作られようとしています!
みなさん、行動しましょう!!



▼日本に誇りをもつ5万人超の方が集まるSNSです。
民主党嫌いが集まってます(笑)こちらでも、日記書いてます(^^




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
テレビ報道が何でも正しいと思ってる方は一見の価値あり!



スポンサーサイト

テーマ : TPP
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。