スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP推進の理由は「推進したいから」

【TPP 反対派の具体論に 説得苦しむ推進派:東京新聞】
 関税を原則撤廃する環太平洋連携協定(TPP)をめぐる民主党内の議論は、九日の意見集約を目標に大詰めを迎えている。交渉参加の賛否は真っ二つに割れたまま。野田佳彦首相は十日にも交渉参加を表明する方向で調整しているが、党内では反対派が指摘する問題点に対し、推進派は説得力のある反論ができず、説得に苦心している。 (金杉貴雄)

 党経済連携プロジェクトチーム(PT)は七日までに、計二十二回の総会を開催。党の重鎮や執行部に近い議員は大半が推進、容認の立場だが、実際に連日のPTの会合に出席して発言するのは、圧倒的に反対派が多い。
 推進派は経済成長を維持し、国際社会で生き残っていくには自由貿易を進めることが不可欠だと主張。「日米関係、特に安全保障強化を考えればTPPは重要だ」と訴えている。

 これに対し、反対派は「TPPはすべての関税撤廃、ルールの統一を議題に乗せる特異な経済連携だ」と批判。医療や食の安全、労働の規制緩和など、影響が懸念される具体例を多岐にわたって指摘している。
 対米交渉への不安も強く、過去の自由化交渉で米国に押し切られてきた経験を踏まえ「多国間議論の中で、あらゆる面で米国の求める基準をのまされる」と強調する。
 具体的な問題点を突きつけられ、推進派は「説明不足」と追及される場面が増えている。

 七日のPT総会で、政府は保険適用の診療と適用外の自由診療を併用する「混合診療」の全面解禁について「(TPP交渉参加九カ国の協議で)議論の対象にはなっていない」としつつも「(今後)議論される可能性は排除されない」との見解を明らかにした。
 反対派は混合診療が解禁されれば国民皆保険の崩壊につながると指摘するが、政府は「議論された場合でも、国民皆保険制度は維持する」というだけで、具体的にどう維持するのかは説明しない。
(略)
 一方、推進派の民主党の仙谷由人政調会長代行は講演で、反対派を「旧態依然の部分的な議論に終始している」と批判し、感情的な対立も深まっている。
---------------------

主要五紙(読売、朝日、変態、日経、産経)がTPP参加に前のめる中、
東京新聞が「客観的」な内容で記事を書いています。

先日来綴っているところですが、推進派の論拠がドンドン嘘だとばれています。
【TPP推進の論拠が色々怪しくなってきた件:拙blog過去記事】
【TPPのウソ(前編):新世紀のビッグブラザーへ】
【TPPのウソ(後編):新世紀のビッグブラザーへ】

そして、記事で仙谷が語っているように、昨今の推進派は、
「旧態依然の部分的な議論に終始している」などと、
反対派への「レッテル貼り」「ネガキャン」に活路を見い出したみたいです。

そして相変わらず、
「国際社会で生き残っていくには自由貿易を進めることが不可欠」
「日米関係、特に安全保障強化を考えればTPPは重要だ」

と、意訳を妄想で膨らませた推進理由を、抽象的に説明する事に必死です。

推:国際社会で生き残っていくためには自由貿易を進める事が不可欠だ!
反:自由貿易を進める制度はTPPだけなのですか?
  日本は、TPP参加予定9ヶ国のうちアメリカ、ニュージーランド以外と、
  既にEPAを締結or交渉に入ってて自由貿易協定ですよね。


推:日米関係、特に安全保障強化を考えればTPPは重要だ!

反:自由貿易協定と安全保障は別問題ですけど?
  そして良好な日米関係とは、日本がアメリカに奴属する事ではありません。
  と言うか、安全保障問題を論ずるんなら、普天間本気で取り組めバカ。


この他にも、

農協の陰謀だ!       → 明確な論拠に基づく反対は陰謀じゃないよね?
成長するアジア市場を狙え! → 中・韓・印すら入ってないどこのアジア?
国を開いて海外に売って出ろ!→ 日本の関税率を調べてから物を言えバカ。
○○はFTAでは対象外だ! → 今議論してるのはTPPですよ、分かる?
安価な製品が購入出来るぞ! → 消費者物価指数の低下=デフレ促進ですけど。
農業強化する方法を考える! → 戸別補償は非関税障壁で、撤廃対象ですよ。
公的医療保険は議論対象外だ!→ 米国が「議論するぜ!」って言ってますけど。
公的医療保険は大丈夫だ!  → だから「大丈夫」と言える根拠を示せよ。
ルール作りに参加すべき!  → 間に合ったとして終わり際、既に手遅れです。
米韓FTAを見習え!    → 輸出依存の韓国でさえ、世論が割れてます。
自由貿易を進めるべきだ!  → うん、各国とEPA交渉進めてるよね?
安全保障ガー        → 貿易と安保は完全に別物ですが。
日米関係ガー        → 国益損ねてまでアメリカの顔色伺う理由は?
時代遅れだー        → お前がな。


上記の他「国際化」「グローバリゼーション」などなど、
「時代の最先端を生きてます」風なカッコイイ単語を絡めつつ、
「でも、具体的に何言ってんのかよく分かんない事」
をまことしやかに吹聴するのが、昨今の推進派の得意技です。

そして、これら反対派の更問に対し、推進派からの打ち返しはほぼ無くて、
挙げ句には、答えに窮して「きゅ、旧態然としている!!」などと、
「イメージ戦略(笑)」に打って出るわけですね。

「レッテル貼り」「ネガキャン」「イメージ戦略」

ああなんだ、民主党とマスコミの得意技じゃないか(笑)

もはや気の毒なくらい「推進する理由」が、無くなってるんですけど。
それでいてこの期に及んで推進を訴え続ける連中は、
過去から一貫して「上記以外の理由でTPPを推進してきた」って事ですよね?
参加の目標や目的がコロコロ変わるなんて、矛盾してますもんね。

だからさっさとそれを説明しろと。

一部で「参加しなければ詳細が分からない!」って意見もありますが、
だったら今まで掲げてた「推進する理由」って何だったのさ?
「詳細が分からない物に反対するな!」と言うのなら、
「詳細が分からない物に賛成するな!」と言われても反論出来ませんよね?

それでいて、各国のGDPや貿易依存度や既存TPPなど、
得られる情報を吟味して「デメリットの方が大きい」と主張するのが反対派で、
それに対し「参加しなきゃ分かんない!」と、ヒステリックに叫ぶのが推進派。

その他、やたら反米だとか、時代遅れだとか叫ぶバカが居ますが、
「自国の国益を損ねる可能性が大きいから反対している」わけで、
今回はその相手が、たまたまアメリカだっただけで、それを反米って言うのか?
「反米」を根拠に反対してる連中が存在するのも確かだと思いますが、
反対派を十把一絡げで「反米」にカテゴライズするのは、どうかと思います。

あと「世界に打って出ないのは時代遅れだ!」的な観念論。
新自由主義を標榜する連中に多い考え方ですね。
「規制は緩和して市場に委ねるべき、あとは市場が経済を発展させる」
競争と発展を呼び、発展が豊かさを呼ぶ、的な。

この手の観念論を主張する連中に聞いてみたいのですが、
どうしてその手段として「TPP」に拘泥するんでしょうかね?
そもそも、反対派の全てが「自由貿易」を否定してるわけじゃありません。
TPPとは、有り物の「P4」を拡大・発展させたもので、
「ルール作りに乗り遅れるな」と言われても、既に十分乗り遅れています。

FTAやEPAであれば、2国間で1からルールを作れるわけですが、
TPPは既にルールのアウトラインは決まってて、今は煮詰めの段階です。
尚かつ11月に交渉参加を表明しても、認められるのは半年後。
その段階で、抜本的なルール変更が認められると思ってんの?

まあ、無理でしょう。

アメリカがTPPを主導し始めて、既に約1年が経過し、
参加国と参加予定国の間で、既に幾度となく協議が行われています。
そんな中、日本が突然「ルール作りに参加させろ!」と乗り込んでった所で、
「お前、1年前に参加表明してたじゃん?今まで何やってたの?」
と言われて「途中からでも良いんだよな?」と、迫られるだけでしょう。

菅がノープランで参加表明した事も、野田にリーダーシップの欠片も無い事も、
交渉相手国に言わせれば「そんなの知らんがな」です。

「おお!ようこそ日本さん!さあさあ一緒にルールを作りましょう!」
って、歓迎してもらえるとでも思った?

実際に日本は、昨年のニュージーランド・ラウンドへ、
オブザーバーとしての参加を打診して断られた経緯も有りますから、
日本が特別扱いされると思ったら大間違いです。
※下記ページの半ば
【大畠経済産業大臣の閣議後記者会見の概要:経産省】

賛成派には「日本が参加すれば特別扱いされる」とか、
「まるで世の中には自由貿易協定がTPPしか存在しない」とか、
そういう強迫観念じみたものを感じるのは私だけでしょうか?
(ないしは、分かってて敢えて煽っているか。)

上記のとおり、後発の日本が後特別扱いされる理由などありませんし、
そもそも自由貿易協定は、いつでも1から開始出来る、
FTAやEPAという制度が存在するわけですから。
反対派の多くは「自由貿易」じゃなくて「TPP」に反対してるんです。

その辺り、勘違いしないでね。

そして「規制緩和して生産性を向上させる」という考え方ですが、
生産性に乏しい国なら、生産性の向上は豊かさに繋がるのでしょう。
なにせ、新興国の多くは「物の供給不足」で悩む場合がほとんどなのですから。

ただし「物の供給過多」であるデフレに悩む日本において、
「物の値段が下がる事」は、イコールで国益には繋がりません。
もちろん、お店に並ぶ商品が安くなれば消費者は嬉しいかもしれませんが、
それはイコールで「物を作った人」の減収を意味します。

関税撤廃で安くなった海外製品に、国内製品が価格勝負を強いられた場合、
国内製品が値下げで対抗するためには、生産の効率化or減収を伴います。
(海外製品の値下げ分は「税金」なので、生産者の利益は変わりません。)
いずれにしても「下げた価格分」は、誰かしらの「減収」になるわけです。
※生産の効率化とは、機械化にしろ行程を減らすにしろ、
 携わってた人なり物が不要になるって事ですから、
 そこに発生してた「対価=給料や製品代」が、消滅するって事です。


結果的に「デフレが加速する」という事です。

すると推進派は「なら輸出すれば良いじゃないか!」と噛みつくのですが、
日本からアメリカへの輸出品目や、それの対GDP比などなど、
「輸出で増えそうな額」を想像してみてから言って下さいね。

「木を見て森を見ず」とはまさにこの事。

ただし、別に私は「生産の効率化が必要ない」と言うつもりはなくて、
まずは「デフレを脱却させる事」が先でしょ?と言いたいだけです。
推進派には「グローバル化」「規制緩和」「常に新しい考え」だと思ってる、
「時代遅れな考え」を持った連中が多いように思います。

話が逸れました。

最近、TPP関連で色々と綴っていますが、
結局、この期に及んで声高に推進を叫んでる連中は、

「推進の目的は推進する事だ!」

になっているのがよく分かります。
それを政治家がやる理由は「アメリカに阿るため」なのか、
毎日が入手した資料のとおり「指導力を演出するため」なのか、
経団連の米倉など「一儲けしようとする連中の意向」なのか、
私では知る由もありませんし、様々な理由が複合してるのだとは思います。

ですが少なくとも「国民のため」じゃない事だけは確かみたいですね。

菅がやると言ってた開国フォーラムとやらも、
結局、震災を契機に中断され、再開される事もありませんでした。
【開国フォーラム~平成の開国と私たちの暮らし~:内閣官房】
この状況で、野田は「TPP交渉に参加する」と言って良いのでしょうか?
仮に党内議論を「政治判断」とやらで纏め上げたとして、
結局は国民の意見には全く耳を貸してません。

民意無視、党内の反対意見は「政治判断」とやらで封殺。
やってる事は体の良い独裁です。
交渉参加を表明するにしろ断念するにしろ、プロセスがめちゃくちゃです。

そんな事をやってるから、いちいち党内が揉めるんですよ。

ただし、それは我々「日本人」にとってはチャンスだったりもします。
JA全中が集めた1000万人以上の署名は確実に効いてるはずです。
【TPP反対署名1167万人分…JA全中集める:読売】

民主党議員が最優先するのは、常に「党益か自らの議員生命」ですから、
地方選出議員の「賛成表明」は「相当数の票を失う事」に繋がります。
更に、反対表明した議員であっても、一部で「本気で反対なんだろうな?」
と、吊し上げを食らってるケースもあると聞きます。

民主党内にも、本気で反対する議員も存在するみたいですが、
「反対を唱えつつ、最終的には長いものに撒かれる卑怯者」が殆どだと思います。
(例:原口とか原口とか原口とか。)

ただし今回、それをやったら次の選挙が危ないわけです。

ですから、この署名に名を連ねた100人以上の民主党議員は、
TPP参加を決める国会決議において、反対に回らざるを得ないでしょう。
「票」をもってるから、パフォーマンスで反対やってた連中も降りにくい。

JA全中が集めた1000万超の署名では、
私の知ってる、いわゆる「お灸層」も反対署名を募っていたのを知っていますし、
「農業従事者、その関係者、友人、知人」がメインでしょうから、
以前FJが集めた「ネットに慣れ親しんだ層=不支持層」からの署名とは、
民主党に与えるダメージが違います。

つまり「本来マスコミで釣れる層」が、ゴソっと「不支持」に動くわけです。

切実に成らざるを得ないわけですね。
客観的に考えると「民主党内の推進派」にとって、
非常に切実な状況である事は確かです。
それは、民主党議員が何よりも最優先する「議員生命的」に、という意味で。

だからこそ効果があるわけです。

ですから、野田が政治判断とやらで好ましくない決断を下したとして、
まだまだそこで諦める必要はありません。
むしろ、後に退けなくなった連中を追い込めるチャンスってことです。

我々に出来る事は、とにかく「騒ぐ事」で、
民主党議員にプレッシャーをかけ続ける事です。


至善のダメなら次善の策を講じるまで、
「諦めたらそこで試合終了」って安西監督も言ってましたしね。



▼twitter、フォローお願い致します<(_ _)>
コンサバ21twitter



【亡国法案初号機、臨時国会へ提出。】
↑私達の生活が、根本から変わってしまいかねない法律が作られようとしています!
みなさん、行動しましょう!!



▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>

人気ブログランキングへ


▼日本に誇りをもつ5万人超の方が集まるSNSです。
民主党嫌いが集まってます(笑)こちらでも、日記書いてます(^^




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
テレビ報道が何でも正しいと思ってる方は一見の価値あり!




スポンサーサイト

テーマ : TPP
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。