スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅政権が行き詰った最大の理由

【菅政権の成果を自賛=側近が作成:時事】
 「菅政権で政策は決して停滞しておらず、大きな進展があった」。内閣府の阿久津幸彦政務官は25日、「菅政権が1年3カ月で取り組んだこと」と題した文書を作成した。菅直人首相の側近の阿久津氏だけに、成果を自画自賛した内容が目立った。
 文書は全29ページ。党の看板である「政治主導」について、「菅政権で官僚との連携・役割分担は格段に向上」と自賛し、社会保障と税の一体改革や経済財政運営に関しては「歴代首相と比較しても注目に値する実績」と誇った。首相が見直しに執念を見せた原子力行政にも触れ「首相でなければできなかった菅政権の『遺産』」と位置付けた。 
 大半が「成果」を羅列した文書だが、東日本大震災については、「政府対応が不十分かつ遅れがちだったことは否めない」と反省の弁も記している。
-------------------

菅があまりにも乏しい成果を誇張した「トンデモ本」を取りまとめたそうです。
思えば、菅が総理大臣に就任したのは遡ること1年3ヶ月前のことでした。
ルーピー鳩山と名乗る地球外生命体が、
友愛という兵器を用いて、日本の内政・外交の破壊に着手し、
「もう飽きた」と、表舞台を降り、その後を継いだのが菅でした。

ただし、就任直後のあまりにも大きかった国民の期待。
そして、ちゃぶ台をひっくり返すだけで、青写真すら無かった前政権。
スタートから様々なハンディを背負っていたわけで、
まず、それをゼロに戻す事から始める必要があった。

普天間、八ツ場ダム、小沢の処遇、景気対策、その他諸問題・・・。


ぞれぞれに対し、真摯に取り組んみ、解決する必要があった。
しかしそれは、まるで複雑に絡み合った糸の如く、
一筋縄で解ける問題じゃない事くらい、よく分かっていた。

ただ、それは、絡み合っているだけ。

つまり、糸口さえ見つけて地道に絡みをたぐっていけば、
いつの日かきっと解ける日が来る。そう、切れてしまわなければ。
そして、糸を絡めたのは他ならぬ民主党政権であり、
政権が変わったからといって、ご破算に出来る問題ではない。

否、ご破産になどしてはいけない。

難解であっても真摯に、責任を持って望む事が、
前政権への手向けであり、国民への報いというものだ。


そして菅は、1年3ヶ月を走り抜いた。



その成果は・・・。







一切無いじゃねーか。


無いもんは、どこ探しても無いんだって。
それでいて「29ページの文書」って家宝にでもするつもり?
その無駄紙刷るために切られた木が気の毒になるレベルです。

しかし、サナダ虫ほどの存在価値も無い菅直人でしたが、
実はひとつ、そう、たったひとつだけ、大きな実績を残しています。
それではせっかくなので、菅直人の迷言をピックアップしつつ、
その唯一にして最大の実績を辿っていきたいと思います。
(発言内容は、論旨を変えずに要約しています。)



「消費税率は、自民党が提案している10%」
(平成22年6月17日 民主党の参院選マニフェストについて)

菅直人最初の大仕事、それが昨年夏の参院選でした。
「増税で雇用を創出!」などと、気が触れたとしか思えない発言をするも、
受けが悪い事に気付くと、選挙期間終盤にはタブーになってましたね。

そんな「ブレるどころか無かった事になった」発言と、
前任の鳩山が「無能な民主党」を白日の下に晒した事とが相乗して、
見事「ねじれ国会」を作り上げる事に成功しましたね。

「就任直後に突然ぶちまける」という神業、なかなか出来ません。



「カネにまつわる古い政治から脱却しなければならない」
(平成22年9月1日 党代表選の共同記者会見で)

おっしゃるとおりです。
そして、自らにも浮上する「在日韓国人からの違法献金問題」や、
「赤字なのに寄付」という政治収支報告書の虚偽記載などのカネの問題。
「不透明で黒い金の流れ」は、小沢には負けてませんでしたね!



「議論を深める『熟議の国会』となるよう努める」
(平成22年10月1日 臨時国会の所信表明演説で)

そう言いながら、質問をはぐらかしメモを読み、マトモに答えない。
また、政府案すら示さず「文句言うなら対案を出せ」とか言ってみたり。
挙げ句の果てに、自分達で作った予算案を審議拒否してましたっけ?



「政治生命を懸ける覚悟でやる」
(平成22年10月5日 社会保障と税の一体改革について)

それを国会で突っ込まれると「・・・という決意を述べたまでだ。」
というのがテンプレート化しましたね。



「『平成の開国』に取り組む」
(平成22年10月24日 施政方針演説で)

いつもの、「俺、格好良く見えるだろ?」という思いつきで、
誰に何の根回しもせず、突然表明したTPP参加でした。
そしてやはり「TPPとは?」を全く理解してないのもいつもの事でしたね。
しかしまあ、とんでもない事をぶちまけたもんです。



「そういうことに疎いので」
(平成22年10月27日 日本国債格下げについて記者団に問われ)

首相になる前は財務相だったような記憶があるのですが、
「多分、私の記憶違いなんだ」と思った瞬間です。
ちなみに、疎いのは「そういう事」だけじゃありませんよね(笑)



「許し難い暴挙だ」
(平成23年2月7日 メドベージェフ大統領の国後島訪問について)

と言いつつ、直前のASEANでは、本人を目の当たりにしてるにも関わらず、
「抗議すらしない」という「弱腰にも程がある外交」を展開していましたね。
ちなみに麻生総理は、メドベージェフ相手に一歩も譲りませんでしたけどね。




「民主党代表選も、多少の影響があったかもしれない」

(平成23年2月16日 9月の尖閣諸島沖での漁船衝突事件への対応について)

中国人船長解放について野党から「代表選に忙しかったからだろ?」と問われ、
「まあ、多少は。」と「自分の立場>国益」を表明した瞬間でした。



「外国人とは知らなかった」
(平成23年3月11日 外国人献金を受けていたことについて)

「知らなかった」と言っておけば、なんでも済まされる民主党(笑)
この案件、刑事告発が受理されて、検察が捜査に乗り出しています。
しかし、数年来の知人で、釣りに同行するような間柄で、
尚かつ朝鮮系の銀行で働いていた人物から献金をもらうんだったら、
きちんと身辺は洗うべきだと思うんですけどね。



「撤退したときは東電は百パーセントつぶれる」
(平成23年3月15日、東京電力本社で)

反論できない東電に対して、アホーマンスが炸裂した瞬間でした。
ちなみに東電は「必要な作業員は残すけど一部を撤退」
という旨を打診していただけで、全面撤退とは言ってません。
この頃の菅は、ベントの邪魔をしたり風評被害を撒き散らしたり、
アホーマンスに大忙しでしたね。



「一定のめどが付いた段階で、責任を引き継ぎたい」
(平成23年6月2日 民主党代議士会で)

俗に言う「不信任否決詐欺」が炸裂した瞬間でした。
この後の「辞めるとは言っていない」という小学生レベルの居直りと、
それにコロっと騙された、頭の緩い民主党の不愉快な仲間達。
「どっちもどっち」という言葉がピッタリでした。



「原発に依存しない社会を目指すべきだ」
(平成23年7月13日、記者会見で)

ソフトバンクの禿や極左イタリア人に乗せられ、
「ぼくのしょうらいのゆめ」だけを語った大バカ野郎でした。
「で、中短期の対応は?」という指摘には「これから考えるわ!他の人が」
と、相変わらず「いつものアレ」が炸裂した瞬間でした。




「間違った事をしたから責任を取るということでは全くない」

(平成23年8月23日、参院財政金融委員会で)

「何か間違ったこと」というか「ほとんど全部間違ってた」から、
何に対して責任をとるとか、そんなレベルじゃありませんものね。
そういう事が言いたかったんですよね??違うの?



「うん、残念だね。」
(平成23年8月24日、日本国債格下げについて記者団に問われ)

首相になる前は財務s(ry

約10ヶ月前に同じ事を問われ「疎いもので」と言って失笑を買ったのに、
むしろ、以前より回答が劣化している感すら否めません。
なんなんでしょうか、この首相としての不適格さ加減は?



・・・と、随分と端折りながら、菅直人の迷台詞を振り返ってみました。
そして、冒頭で綴った「菅直人唯一にして最大の実績」とは、
「民主党のダメっぷりを遺憾なく晒してくれた」という点です。

就任以来、様々なシーンでアホーマンスを演じてみたものの、
唯一の成功が、就任直後の「脱小沢」だけ。
しかもその、脱小沢という唯一の成功ケースですら、
「ブレた挙げ句に無かった事にした増税発言」で、
「アホの天才」ぶりを遺憾なく発揮し、消し去ってしまいました。

私は、未だかつてこんなんにも「アホが似合う」首相を知りません。

そして、そのアホの側近が政権運営を自己分析しているみたいです。
【ねじれ・党内の乱れ・低支持率 菅政権、短命を自己分析:朝日】
 菅政権は25日、1年3カ月の政権運営や外交・内政を総括した報告書をまとめた。「菅直人首相が1年強で退陣せざるをえなかった主な理由」として(1)衆参両院のねじれ(2)民主党内の結束の乱れ(3)低支持率――と分析した。
(略)
-------------------
つまり、菅政権が短命(長すぎる位だと思いますが)に終わったのは、

・ねじれ国会だから
・民主党内の結束の乱れ
・低支持率


・・・が原因だと、そう分析しているのですが、
ねじれ国会を招いたのは、民主党の杜撰な政権運営&菅のブレまくる発言のせい。
民主党内の結束が乱れたのは、菅が根回しもせずに思いつきで発言し、
その責任を全て他人に押しつけて人心を失ったから。

で、そんな国民そっちのけのゴタゴタや「やめる詐欺」なんて茶番を見せられて、
支持なんて出来るはずがありません。
(それでも支持率が10数%もあるミステリー)

アホと側近が分析した、政権が短命に終わった「原因」ですが、
それは、原因じゃなくて結果の間違いだろ。


「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」
以前も引用しましたが、ドイツ初代宰相ビスマルクの言葉です。

行動してから失敗の原因に気付く人は愚者で、
「歴史=先人の失敗」を学び、未然に失敗を防止するのが賢者。

という意味です。
ただし、一切失敗を犯さない人間など、そうは存在しないと思いますし、
肝心なのは、失敗を経験として活かす事と、
失敗をケアする責任を持つ事だと思います。

ですから、失敗を失敗と認められないような人間は、
いつまで経っても、成長も失敗のケアも出来ません。
以上から、菅政権が行き詰まった原因を自分なりに分析するのなら、



「菅が無責任なアホだった」



に尽きると思います。






▼twitter、フォローお願い致します<(_ _)>
コンサバ21twitter



【亡国法案初号機、臨時国会へ提出。】
↑私達の生活が、根本から変わってしまいかねない法律が作られようとしています!
みなさん、行動しましょう!!



▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>

人気ブログランキングへ


▼日本に誇りをもつ5万人超の方が集まるSNSです。
民主党嫌いが集まってます(笑)こちらでも、日記書いてます(^^




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
テレビ報道が何でも正しいと思ってる方は一見の価値あり!



スポンサーサイト

テーマ : 民主党・菅直人政権
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。