スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ツ場ダムでもマニュフェスト詐欺

▼読売新聞より。
大畠国交相も「予断持たず検証」…八ッ場視察で

 大畠国土交通相は13日、建設中止か継続かを巡り再検証中の八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の建設予定地を就任後初めて訪れ、大沢正明知事、高山欣也町長らと会談した。

 同ダムについては、2代前の国交相だった前原外相が建設中止の方針を表明したが、馬淵澄夫前大臣はこれを事実上、撤回。大畠国交相は馬淵氏と同様に、「中止の方向性に言及せず、一切の予断を持たずに検証する」と説明した。これに対し、大沢知事や高山町長らは「早く検証を終わらせて、ダム本体の建設を着工して欲しい」と求めた。

 また大沢知事は、これまで政府や民主党内でダム建設の是非を巡る見解に食い違いが見られるとして、「地元を愚弄している」と批判。大畠国交相は「私の発言が、現在の政府(方針)のすべてと受け止めてもらいたい」と釈明した。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

グーグル先生

前原「マニュフェストに書いてあるから中止!(キリッ」
馬淵「中止っつったけど、絶対に中止って訳じゃない!(キリッ」
大畠「案は無い!これが政府の方針だ!(キリッ」


民主党政権、歴代3バカ国交相の八ツ場ダム問題に関する発現要旨ですが、
ひとまず大畠の発言は「笑う所」で良かったでしょうか?

「一切の予断を持たず検証する事」「現在の政府のすべて」だそうです。
「中止という結論ありきじゃないよ」と、言いたいのでしょうけど、
一昨年の衆院選のマニフェストにはこう謳っていました。

「川辺川ダム、八ツ場ダムは中止。
 時代に合わない国の大型直轄事業は全面的に見直す。」


川辺川ダムの方は、工事着手されていない状況なので、
「中止!」と言われても、事業の大勢に影響は有りませんでした。
ですが、八ツ場ダムは既に工事に着工してる「動いている事業」です。
それが、今になって「予断を許さない」とか・・・・バカなの?

自宅が水没予定なので引っ越しを考えてました。
そこへ「ダムは中止だ!」って勢い良く乗り込んで来たバカが居たんだけど、
数ヶ月経ったら「絶対に中止って訳じゃない!」と、言う事が変わりました。
すると、今度は「どうするか今から考えます」とか、言ってます。

水没予定地に住む住民は、引っ越して良いのか悪いのか?
旅館などを営む商売人は、廃業して良いのか悪いのか?
その判断が出来ません。生活基盤の据え所を決められないのです。

これ、相当迷惑な話だと思います。

ダム建設等の大規模公共事業には、様々な側面がありますし、
それらの可否について今回は言及しませんが、
一番困るのは「止めるのか・進めるのか」「決めない事」です。

目的地を決めてドライブに出かけて、行程の半分くらい来た所で急に、

民主「おい!やっぱり目的地変更だ!」
地方「いやいやいやいや、今更目的地変更とか困るんだけど?」
民主「え?・・・ぜっ、絶対に変えるとは言ってない!変えないかもしれない!」
地方「で、どっちなの?早く決めてよ。」
民主「よし!じゃあ、見直すかどうかを検討するぞ!」
地方「・・・・。」


ってのと同じくらいに「え?今更何を??」って話です。
とりあえず、さっさと目的地を決めないと、もの凄い迷惑ですよ?

八ツ場ダムは、上水・農業・工業・発電・治水など、貯水の用途が多岐にわたり、
貯水の恩恵を受ける事業者が事業費を折半する「多目的ダム」というダムです。
ですから、事業費を負担してた自治体からは、
「事業中止なら当然、俺等が払った金は返してね?」と、声が上がりました。

そりゃ、当然です。

「ダムの水、使わせてあげるから金出してね?」
って約束でお金出してもらってたのに、特に説明も無く突然、
「こんなもん無駄だ!中止だ!」って言われた日にゃ、
「じゃあ、金返せよ?」ってなるのは、ごく自然な流れだと思います。
中止になったら、自治体には何のメリットもありませんからね。

公共事業はよく「動き出したら止まらない」と、揶揄されます。
ただ、工事着工に至るまでには、地元の説得やプロ市民の反対運動など、
事業規模に応じて、様々な過程を経ており、
地元が完全反対の中で工事着工に至るケースは、そうはありません。
(工事着工後に反対してるのは、たいてい地元に住んでないプロ市民)

ですが「だから建設を止めるな」と言うつもりはありません。

様々な紆余曲折を経て着工へ至った事業であればあるほど、
「止めるのなら相応の根拠を示せ」と言いたいだけです。
事業を止めた場合と、進捗した場合のメリデメを比較検討して、
「中止した場合のメリットが一番大きい」という結論に至って、
「ダム建設を中止します」というのなら、何の問題も無いと思います。

ですが、例えば建設コストだけを取り上げて、
A:「止めた場合の地元への補償費用」
B:「今後の建設にかかる費用」を比較して、
「建設を進めた方が多額の費用がかかるじゃないか!」という主張もあります。

ただし、とは政府から地元へ「補償」という形でお金が動くだけの、
民主党お得意の「現生バラマキ」です。
「現生バラマキ」に景気浮揚効果が薄い事は、子ども手当を筆頭とした、
民主党の各種政策が実証していますよね?
(子ども手当は少なく見積もっても4割が貯蓄へ回る。)

そしてとは、民主党が言うところの「旧来型のバラマキ」ですが、
この場合「工事発注=仕事」の形で、地元にお金が流れますから、
ダム建設中だけとは言え、地元に雇用が生まれる事になります。
「政府→企業→労働者」と、お金が段階を経て流れる事によって、
法人税、所得税、消費税などなど、税収となって国に戻ってきます。

「公共事業は単なるカンフル剤」と、批判されたりもしますが、
「カンフル剤にすらならない民主党のバラマキ」と比較して、
現下の「デフレ不況」において、どちらの政策が必要でしょうか?

ですから「進めた方がお金がかかるから中止だ!」という主張は、
「お金が沢山かかっても、そのうち税収としてどの程度返ってくるのか?」
という俯瞰的な視線が、完全に欠落している事になります。

予算的な問題以外に、例えば、環境破壊を理由に中止を訴えたとしても、
八ツ場ダムは、現行の環境アセス法が適用される前に事業着手されているため、
現基準での環境アセスメントが実施されていません。
(ただし、当然旧基準での環境影響評価はクリアはしています。)

つまり、環境面で中止を訴えるには、現行法で環境アセスを実施する必要があり、
その場合は、中止理由が「完全に後付け」になるので、
マニュフェスト作成時に「根拠が無かった」事の裏付けとなってしまいます。

というか、現行法でそんなルール(着工済み事業の再アセス)はありません。
(工法や範囲が大きく変わった場合、環境アセスを再実施する場合があります。)
それをやるなら、法整備を行った上で全ての事業を等しく見直すべきです。

環境アセスの予算は嵩むでしょうし、それで「中止」になった事業において、
全国各地の自治体から「金返せ」という声が上がるとは思います。
そこまでやって「中止」という結論に至ったのなら、中止すれば良いと思います。

でも「公共事業を止めて事業費を返還するための法律」なんてありませんから、
自治体等へ金返すための法案を国会で通す必要があって・・・。

・・・と、つまり、八ツ場ダム建設を民主主義に則って中止させるためには、
相当の手間暇を要する事になり、現実的にそれが出来るとは到底思えません。

ただ、一度ぶちまけてしまった手前、簡単に「中止をやめる」とも言えず、
かといって、現実的に中止出来る状況だとはとても思えず、
「事業が止められない事は分かってるんだけど、
 大口叩いちゃった手前、今更簡単に撤回出来ません。」

というクソみたいな理由で、問題はどんどん先送りされています。

何せ、中止の拠り所は「マニュフェストに書いてある」だけであって、
その「マニュフェストに書くための根拠」が希薄すぎますからね。

しかし「予断を許さない=結論ありきで議論しない」の意ですから、
つまりそれは「マニュフェストの反故」って事なんですけどね。
普天間宜しく、民主党のマニュフェスト詐欺なんて慣れっこなんですが、

ちゃぶ台を勢いよくひっくり返してみたは良いけど、
冷静になって考えてたら、結局ひっくり返す前の状態がベストで、
今になって「やっべぇなぁ・・・」と、同じ配膳に直そうとしてる状態です。
ただし、ひっくり返った味噌汁は碗に戻せませんし、
崩れた豆腐は、同じ形に戻す事は出来ません。
つまりは、同じ配膳戻す事など二度と出来ません。


民主党のマニュフェスト詐欺で問題なのは、
「書いてある事が守れない」事ではなくて(それも問題ですけど)
「書いてある事の裏付けがなく、案の定守れなかった」のに、ふてぶてしく
「守れなかったから見直すと言いだしている」事あって、しかも
「問題をややこしくして、引くも戻るも出来なくなってから諦める」事です。


それでいて、こういう発言が出来るのですから・・・。


▼読売新聞より。
仙谷氏、解散要求を批判「生産的ではない」

 民主党の仙谷由人代表代行は13日、徳島市で講演し、衆院解散・総選挙について、「日本の置かれた状況を考えると、単に『マニフェスト違反だから、解散せよ』で間に合う事態なのか。『首相は辞めろ』『解散だ』ということだけを主張するのは、生産的ではない」と述べ、自民党などが早期の衆院解散を求めていることを批判した。
(略)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



・・・・コイツ真性のバカだな。


野党は「単に『マニュフェスト違反だから、解散せよ』」とは言ってませんよ?
さんざん「あれもこれも出来る、財源も有る!」と、大風呂敷広げてたくせに、
結局、何一つとして出来てない上に、それを見直そうとしているもんだから、
「だったら、国民に信を問うのが筋なんじゃないの?」って言ってるだけじゃん。

国民もそう思ってますよ?
いよいよ共同通信の世論調査で、支持率が2割り切ってましたからね。

もうね、さっさと解散しろよ。それが民意です。



▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>

人気ブログランキングへ


▼日本に誇りをもつ4万人超の方が集まるSNSです。
現政権に疑問をお持ちの方、情報収集にはうってつけですよ!




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^


スポンサーサイト

テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。