スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライマリー・バランスについて

▼YOMIURIONLINEより
自民の財政健全化法案、民主「丸のみ」戦術検討

 政府・民主党内で、自民党の「財政健全化責任法案」に賛成すべきだとの声が浮上している。

 国会で野党が対決姿勢を強める中、同法案の成立が、政権の最重要課題である社会保障と税の一体改革の与野党協議の実現につながるとの期待感があるためだ。逆に、自民党は「抱きつき作戦」だと見て、警戒を強めている。

 与謝野経済財政相は25日の閣議後の記者会見で、同法案を「大変価値がある」と、改めて評価した。菅首相も財務相当時、同法案と類似した立法の必要性を説いたことがあるほか、昨年の臨時国会では、首相の指示で同法案の継続審議が決まった経緯もあり、「首相も同法案に賛成すべきだと考えている」(政府筋)と受け止められている。

 同法案は、安定的な社会保障制度の確立へ、「党派を超えた国会議員により構成される会議を設置」と明記している。首相は社会保障と税制の一体改革を巡る与野党協議を呼びかけており、首相には「同法案を丸のみして成立させた方が与野党協議が実現しやすい」(国対幹部)との計算が働いているとの見方もある。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


丸 の み 戦 術wwwww

丸なげの次は、丸のみですか?

菅「同法案を丸のみして成立させた方が与野党協議が実現しやすい」(キリッ
        
    ↓  ↓ 本音 ↓  ↓

菅「「消費税含む」とか書いてあるしwwwww
  「消費税上げます」って言っても「ジミンモー」って言えるじゃんwww
  与謝野も「良い事」って言ってるし、間違い無いなくね?
 「与野党協議がー」って言っとけば、パクr・・・丸のみする理由立つし、
  うはwwwwwおれ超ラッキーなんじゃね?」

と、大方こんな皮算用でしょう。
読売新聞の記事を運用すると「財政健全化責任法案」の要旨は以下のとおりです。

【1:税制の抜本改革】
社会保障制度の安定運営のため、消費税を含む税制を抜本的に改革

【2:超党派会議の設置】
税制の抜本的な改革のため、超党派の国会議員による会議の設置

【3:財源の安定的確保】
新たに予算を伴う政策を実施する時は、見込まれる経費の額を上回る額の財源を安定的に確保

【4:基礎的財務収支の黒字化の実現】
2020年度までに国と地方公共団体のプライマリーバランスの合計額の黒字化を達成

【5:中期計画の策定】
5年を1期とする財政健全化についての中期計画を定め、国会に提出


つまり、自民党が言いたかったのはこういう事ですね?

【1:税制の抜本改革】 → 社会保障の原資を消費税等で確保しましょう。
【2:超党派会議の設置】→ きちんと野党の言う事も聞くように。
【3:財源の安定的確保】→ バラマキするならきちんと財源確保しろ。
【4:基礎的財務収支の黒字化の実現】→財政健全化やろうね。
【5:中期計画の策定】 → 進捗状況をきちんと国会へ報告してね。


とりあえず「3」と「5」は民主党への当て擦りにしか聞こえないんですけど。

「3」で、赤字国債を財源にした「バラマキ」はアウトになりますし、
「5」で、「きちんと計画的にやれるんだよな?」と、疑われてますし、
「2」で、野党が入る事で、更にバラマキ予算の確保が難しくなりますよね。

そういう事を理解した上で「丸のみする」って言ってるんでしょうか?

藁にもすがる思いで「消費税を含めた税制改革」に飛びついて、
その他は「とりあえず細かい話は置いといて」程度に考えてそうな気がします。

今、民主党は「社会保障費のための消費税増税」と言ってますが、
参院選の時は「消費税増税してその分で雇用を創出する」と言ってました。
で、それが批判されたら「年収○○万円以下は還付する」と、転説したり、
とにかく「増税が目的」「理由は何だって良い」のが見え見えです。
何せ、一昨年の総選挙時は「増税の議論すらしない」って言ってた位ですから。

この手の法律に、どれほどの強制力が有るのかは疑問ですけど、
本来、自民党がやりたかったのは「1」と「5」なんだと思います。
それらのとっかかりになる法案だと思うのですが、

「1」は分かります。
「社会保障費=恒久支出」の財源には、恒久財源が必要ですから。
社会保障費のピークは、団塊の世代が後期高齢者になる2025年前後だそうです。
そして、年々人口ピラミッドが頭でっかちになって行くのですから、
今から増税を含めた議論を開始する事の大儀は分かるのですが、
それはあくまでも「中期的に必要な議論」だと思うのです。

可及的速やかに必要なのは「デフレ脱却」のための議論ですよね。
「デフレ脱却=税収増える」のですから、増税議論の方向性も変わります。

平成9年度の消費税増税後、法人税・所得税ともに減収しました。
消費税増税によって、購買意欲が減退したからです。
つまり、増税はデフレを加速させるので、あくまでも中期ビジョンで。

「5」の、プライマリーバランスの黒字化についてですが、
まずは「プライマリーバランス」について簡単に触れておきますね。

例えば、税収等50兆円の国家が、90兆円の予算を組んだら、
新たに40兆円分の国債を発行する必要が有りますよね?
そして、90兆円の予算のうち、過去に発行した国債の償還分が20兆円だったとします。

50兆円(税収等) - 90兆円(予算)  = 40兆円(国債)
・40兆円(国 債) - 20兆円(国債償還)= 20兆円(純増分の借金)


上記の例だと、新たに20兆円、国の借金が増えることになりますよね?
この、借金が増える状況をプライマリーバランスが赤字といいます。
平たく言うとこんな具合です。

借金返済分 > 新しい借金 = プライマリーバランス黒字
借金返済分 < 新しい借金 = プライマリーバランス赤字


ですから、プライマリーバランスを黒字化させるためには、
「新しい借金を減らす」か「税収を増やす(=借金する額が減る)」
の何れかの方法しかありません。

まず、日本のプライマリーバランスの推移を見て頂きたいのですが・・・
プライマリーバランスの推移(この資料の2ページ目)
※財務省の資料なので、グラフ以外の悲観的な文章は無視の方向で。

昭和48年以降、日本のプライマリーバランスが黒字化していたのは、
「昭和62年~平成4年」の間だけですが、この間の税収の推移はというと
▼一般会計税収の推移
平成2~3年にピークを迎え、その後は漸減傾向にあるのが分かります。

この「昭和62年~平成4年」の間に何があったかと言えば、
日本中が湧いた「土地バブルのピーク」であって、崩壊したのが平成3年です。

つまり「プライマリーバランスを黒字化させる」のは、
バブル時ほどの税収がなければ難しい、という事です。

「じゃあ、新しい借金を減らすために、支出を減らせば良いじゃない?」
と思うかもしれませんが、社会保障費を減らす事は出来ませんし、
かといって、その他の予算(主に公共事業)を減らすと、
それに従事していた人達が職を失う=所得を失う=景気悪化=税収が減る。

税収減→支出減→税収減→支出減→税収減→支出減→・・・・

この悪循環でデフレから抜け出せないのが今の日本です。
(連鎖を断ち切ろうとした政権は何れも短命でしたorz)
つまり、プライマリーバランスを黒字化させるのは、相当難しいのです。


ですが


実はプライマリーバランスなんて、無理して黒字化する類のものじゃありません。
その理由は、三橋貴明氏のブログの「プライマリー・バランス関連記事」
三橋氏のblogをプライマリー・バランス関連記事
を読んで頂くとよく分かるのですが、全部読むのは大変なので要約すると、

例えば【こちらのサイト】によると、

1983年のコーヒー一杯の価格は約270円程度
1993年のコーヒー一杯の価格は約400円程度


だったそうです。(両方、若干高い気がしますけど・・・。)
10年でコーヒーが130円高くなったのは「物価が上昇した」からですよね?
そして、10年間でコーヒーの価格は約1.5倍になっていますが、
同サイトによると、その間に所得は約1.4倍になっています。

1983年のサラリーマンの平均月収は約41万円程度
1993年のサラリーマンの平均月収は約57万円程度


つまり「物価と給与が上昇する=経済が成長した」という事です。

例えば、
「10年後に額面通り返すから1万円貸してくれない?利子は払うから。」
という約束で借金したら、10年後に返済するのは1万円ですよね?
ですが、10年前と今とでは額面は同じ1万円でも、価値が違います。

10年で所得が1.4倍になったという事は
10年前に借りた1万円の価値は「1/1.4」になりますよね?

つまり、額面は同じでも、背負ってる借金は相対的に軽くなったという事です。

そして、それは国の借金も同じなのです。

10年前に借りた10兆円を、10年後に額面通り10兆円返す。
その10年の間、年間約2%の経済成長を遂げたとしたら?
1.02倍の1.02倍の1.02倍の・・・・と計算して行くと、
10年間で、約21%の経済成長を遂げる事になりますから、
その分「10年前に借りた10兆円の借金は相対的に軽くなる」って事です。


つまり、借金を相対的に減らしたかったら、経済成長させれば良いのです。

この辺りは、三橋氏の請け売りではありますが、
それをとっかかりにして、色々と情報の精査をしてみると、
どうやら「国が破綻する」とか「借金作った自民党が悪い」とか、
その手の話が「大ウソ」や「勘違い」である事がよく分かります。

10年前に「日本はあと10年で破綻する」なんて話をよく聞きましたが、
未だに破綻していませんし、破綻しそうな気配もありません。
当時は「10年で円が紙くずになる」とか言われてましたけど、
残念ながら、とんでもない円高ですし、長期金利は超低金利です。
つまり、紙くずどころか、強すぎて困ってしまってるのが現状だったりします。

そして、今でも当時と同じ事を延々と言い続けています。
マスコミは、政治的に国民を騙し続けてきましたが、
経済的にも国民を騙し続けています。

ただし「政治・経済」が本分である政治家が、それを理解しようとせず、
「プライマリー・バランスがー」等と言ってては、本末転倒です。


自民党の選挙公約は「公共投資で経済の下支え」を謳っています。
ですが民主党の政策には、経済を成長させる要素は有りません。

あまり、長く政権の座に居てもらうと、色々と残念な事になりかねませんから、
どう、舵取りして良いのか分からなければ、さっさと下野すべきです。

では今日は「日本が破綻しない理由」を動画でそうぞ。



▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>

人気ブログランキングへ


▼日本に誇りをもつ4万人超の方が集まるSNSです。
現政権に疑問をお持ちの方、情報収集にはうってつけですよ!




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^

スポンサーサイト

テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。