スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どものワガママでした。

▼産経ニュースより
民主党が国会改革提案 ご都合主義に野党反発

 民主党の岡田克也幹事長は18日、国会内で与野党各党の幹事長らに国会改革のための提案書を手渡し、与野党協議を呼びかけた。国会審議の促進を図るために、野党側の質問の事前通告のルールを厳格化するほか、問責決議案の実質的な無効化を図る内容だ。しかし、質問通告も問責決議案も、野党時代の民主党が与党・自民党を苦しめる手段として使ってきた経緯がある。自らの過去の振る舞いを棚に上げた岡田氏の提案に対して、野党側は反発を強めている。

(略)

 岡田氏の提案の背景には、24日召集の通常国会で、参院で多数を占める野党が予算関連法案の成立を阻止するために問責決議案を連発したり、閣僚の外遊に難色を示して審議日程を窮屈にしたり、質問通告を遅らせたりする抵抗戦術をとるのではないかという懸念がある。実際、こうした戦術は野党の常(じょう)套(とう)手段であり、かつての民主党も多用していた。
(略)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


民主党が政権を盗んでからというもの、
何度も何度も、もう飽きるほど口にしてきたセリフです。
ですが、今回は敢えて言わせてもらいましょう。


お前が言うな


記事でも触れていますが、今回民主党が提案したルールを要約すると
「民主党が有利になるようにみんな協力してね。はぁと。」
と、なります。
では、いったい奴らは何を提案したのでしょう?
上記記事の後半で箇条書きになっていたので、紐解いてみたいと思います。

※時事通信に提案の要旨が載ってたので、こちらで補完しながら読んで下さい。
時事通信→【国会運営に関する民主提案の要旨】

【記事】首相や閣僚の海外出張を理由とする国会欠席について弾力的に運用。

国会会期中に、如何ほどの理由で外遊の必要が有るのでしょうか?
然る理由であれば仕方ない事かもしれません。

ただ、閣僚の国会答弁ってのは、閣議決定を経て政府見解になり得る案件です。
それを組織のトップではなく「副大臣や政務官でもOKなんじゃね?」
と言ってる時点で、民主党が如何に国会を軽視してるかが覗えますよね。

これをルールとして認めれば民主党は、

都合の悪い答弁は、外遊を入れて副大臣(政務官)に放り投げる。

あれは私の見解ではなく、あくまでも副大臣(政務官)の見解であり・・・


と、とんでもない斜め上の言い逃れをする気がします。
「閣僚が国会でウソついても、内容次第で責任は問わない」
と、閣議決定しちゃうような政党ですからね。

道徳や倫理に基づいた法律、それを作るための場である国会。
その国会で「場合によってはウソついても可」などと言ってる時点で、
コイツらに性善性を求めるのは不可能だという事です。



【記事】前々日正午までの質問通告ルールを徹底。

以前、自民党の石破氏が自身のblogでこう綴ってみえました。

「委員会当日、日付が変わるころにようやく質問通告が(菅氏から)きたら
『内政全般について』とだけ書いてあって、かなり悲しい思いをした」


「だからって同じ事をやって良い」という理屈にはなりませんが、
少なくとも現野党は、こんな人を食ったような事はやってません。

しかも民主党は、野党が事前に質問通告を出したら出したで、
自分達に都合の悪い質問は「質問取り下げろ」と脅し、
質問を出したのに「出てない!」とウソをついたりもします。

人にルールの徹底を求めるのなら、まずは自分達が規範となるべきです。

更に、ルールの徹底を求めるその理由が
「想定問答集を作成する国家公務員の過剰な残業時間を減らす」
とかなんとか。

「政治主導」を掲げ、国会から官僚を排除しようとした民主党。
するとまあこれが、面白い位に閣僚が答弁出来ない訳です。
野党が2、3質問して議論を掘り下げると、何も答えられない閣僚。

そりゃそうです。

民主党が国会から閣僚を排除したかったのは、
政治主導を隠れ蓑にして、法の番人である内閣法制局長官を排除して、
売国法案を通す素地を作りたかっただけですからね。
国会答弁に責任を持つとか、そんな高潔な理想では断じてありません。

で、参院選の敗北によって審議が進まず、
その根拠法である「国会法」は既に廃案となりました。


ざまぁwwwww


当座、民主党が政治主導とやらでやってる事は、
「事務方に責任をなすりつける事」だけですからね。
もうさ、その形骸化してガタガタの看板は下げた方が良いんじゃない?
じゃなかったら、国会でもう少しマトモな答弁出来るように勉強したら?

「官僚に作ってもらったカンニングペーパーを勉強する時間が欲しい。」

って、幹事長が野党にお願いするような事か?



【記事】両院協議会の議決規定を3分の2以上から過半数に緩和。
    委員を各院の議席配分に応じて構成。


国会に提出された法案は、衆議院で可決されると参議院に回され、
参議院で可決されると、法案は法律となって世の中に公布されます。

ですが、参議院で法案が否決されると「両院協議会」が招集され、
「何とかなりませんかね?」と、衆参で調整を行います。
その場で、出席者の2/3以上が「OK」を出せば法案は可決しますが、
両院協議会でも可決されないと、法案は衆院へ差し戻されます。

「両院協議会」の人選や議決のルールは以下のとおりです。

人選:衆院から10人、参院から10人の合計20人
議決:出席者の2/3以上


委員は「院の議決に賛成した会派から選ぶ」事になっています。
つまり、ねじれ国会で両院協議会が開催されるという事は、

衆院で与党の賛成多数で可決 → 衆院からは与党から10人
参院で野党の反対多数で否決 → 参院からは野党から10人


という人選になります。
すると自ずと「参院で否決=両院協議会でも可決されない」って事です。
ついさっき否決した法案を両院協議会で賛成するバカはいませんからね。

で、両院協議会で可決されず、衆院へ差し戻された法案の再可決には、
2/3以上の議席が必要ですが、今のところ社民を加えてギリギリです。

絶滅危惧政党にキャスティングボードを握られてる情けない事実。

ですから民主党は、確実に法案が通せる仕組みを作りたいのでしょう。
提案内容を要約すると以下のとおりです。

人選:委員を各院の議席配分に応じて構成
議決:出席者の過半数以上


これを、現状の議席数に照らしてみるとこうなります。

衆院 314 / 480 = 6.5人 ≒ 7人
参院 109 / 242 = 4.5人 ≒ 5人


上記議席には社民党は含めていません。
社民が反対しても、与党から両院協議会に12人選ばれる事になります。
でもこれだと「2/3以上」にはとどきません。だから過半数って事で。


意図すっけすけワロタwww


これ、下手したら社民の怒り買いかねませんよ?
しかも、野党にとっては一切メリット無しwwww
これを飲んだら、国会ねじれたメリットが一切無くなっちゃいます。
さらっと、めっちゃくちゃな提案をしてくる民主党。

飲まないと思いますが、絶対飲むなよ野党!



【記事】参院問責決議によって内閣総辞職や閣僚辞任が決まるのは妥当でない。

 
民主党が言うように、問責決議に法的根拠はありません。
だから、別に問責が可決されたからといって辞める必要はありません。

衆院での不信任:「内閣不信任案」で法的拘束力が有ります。
参院での不信任:「問責決議案」で法的拘束力はありません。

詳しくは、拙blogの過去記事をご参照下さい→問責決議可決ならメシウマ

ですが、そもそも「なぜ問責決議が可決されたのか」を考えるべきです。
民主党は野党時代「政局のためだけ」に問責を可決させてきました。
拙blogの過去記事をご参照下さい→問責決議可決ならメシウマ(上と同じ記事)
 
ですが、先の臨時国会で問責を可決された仙谷と馬淵は、
暴言、失言、無責任、責任転嫁、情報隠蔽、国会軽視、などなど、
閣僚以前に政治家・・・いや、人としてどうなの?と思われて然る人物です。

「問責を可決されたから辞める必要がある」のではなくて、
「問責を可決されるような人物だから辞める必要がある」のですよ。

そこ、分かってんの?

それを、問責決議の運用を見直せと?つまり、
「今後も酷い国会運営するけど、オマエら問責出すなよ?
 もし出しても今度は辞めないけど、審議拒否すんなよ?」

問責を提出される根本原因を正すつもりはありません。

と、言っている訳です。


・・・と、民主党の「国会改革提案」を紐解いてみましたが、
単なるガキのワガママでした、ありがとうございます。

しかしまあ、これのいったいどこが「改革」なんだか?

国会の運営が上手く行っていないのは「ねじれ国会」だからです。
「ねじれ国会」になったのは、与党が参院選で敗北したからです。
「与党が参院選で敗北した」のは、国民を愚弄した政治を行ったからです。
「国民を愚弄した政治を行った」から、問責を可決されるんです。
「問責を可決される」原因は、いったいどこに有るんでしょうねぇ?

間違いはどんどん見直せば良いと思います。
良識に則って、ルールが間違っているのなら正せばいいと思います。
ですが、そのルールがどうやら間違っていなさそうな場合は、
ルールを守れない側を正す必要があるという事です。

「ルールが悪い!」「あいつらが悪い!」

いつまで経っても自分達の責任を認められない幼稚な連中は、
さっさと責任の有る立場から去るべきだと思います。

今日も動画をおひとつ!「すべての日本人に告ぐ!?(民主党の正体)」です。




▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>

人気ブログランキングへ


▼日本に誇りをもつ4万人超の方が集まるSNSです。
現政権に疑問をお持ちの方、情報収集にはうってつけですよ!




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^


スポンサーサイト

テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。