スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーロー切望とは他力本願の極み

【イタリアで「国債の日」、個人投資家の取引急増:ロイター】
 [ミラノ 28日 ロイター] 国債価格が急落しているイタリアで28日、「国債の日」と銘打たれたキャンペーンが行われ、個人投資家の国債取引が急増した。
 キャンペーンは実業家のジュリアーノ・メラニ氏が今月呼び掛けたもので、この日は銀行がイタリア国債の購入手数料を免除した。 

 個人投資家向けの主要債券市場(MOT)では、同国国債に約8万1000件、総額26億ユーロ(34億7000万ドル)という記録的な額の注文が入った。この日のMOTの総取引高は27億ユーロ強だった。
 国債の平均購入額は3万2000ユーロと、11月の月間平均3万9500ユーロを大幅に下回っており、多くの個人投資家が国債を購入したことが裏付けられた。
(略)
------------------

今日はざっくりとした内容で。

EUではいよいよイタリアの「Xday」が近づきつつあるようです。
GDP世界8位のイタリアの政務不履行は、
同じEUの破綻常連国、弱小ギリシャのデフォルトとは意味が違います。
イタリアが逝けばフランス、ドイツを引っ張って沈み込み、
EUは加速度を増して崩壊への道を歩む事に成るのでしょう。

そして忘れてはいけないのは、EU各行は未だに、
リーマンショックで毀損した資産を、評価せずに抱え込んでいる事実。
つまり、3年前の精算すら未だ出来ていないわけです。
そしてギリシャ危機の火種が導線を辿ってイタリアにも延焼、
いよいよ、最悪の形でダイナマイトに火が付きそうです。

それを救済する気のないドイツとEU各国。

ギリシャやイタリアでは首相が代わり、スペインでは政権が変わりました。
危機的状況において「ヒーローを待望する」心理は分かりますが、
それは他ならぬ「他力本願」でしかありません。
そもそも各国とも「国」が信頼を失墜してるから国債が売れないわけで、
それは分不相応に海外から借金を重ね続けた事への報いです。
ですから、いくら「ヒーロー」を待望したとして、
劇的に物事を好転させる存在など、あり得ないわけです。

国民感情や政権運営などなど、近視眼的に物を見れば、
ドイツが「自業自得で危機を迎えた国」を救済したくないのも分かりますが、
かといって、それらの国へ物を売って一人勝ちを続けたのも他ならぬドイツです。
ですから、EUという枠組みによって迎えた危機なのだから、
本来ドイツにはそれらの危機を収束する責務を負うはずです。

拙blogでも何度か取りあげていますが、
3年前、リーマンショックによる危機の連鎖を未然に防止させたのは、
他ならぬ「麻生・中川コンビ」でした。
※在りし日の中川氏の勇姿が掲載されてます。
【IMF Signs $100 Billion Borrowing Agreement With Japan:IMF】

今でもIMFは存在し、更にEFSF(欧州版IMF的なもの)
が存在するわけですが、IMFはあくまでも最後の砦。
まずはEUの盟主たるドイツが、何らかの現実的な救済策を提示すべきなのです。
ですが、それが出来ていないし、日本では「野田・安住」という「無能とアホ」
(「無能でアホ」でも可)が総理と財務相という悲劇。
この財務官僚のおもちゃどもには、世界を俯瞰する目線など存在しません。

このままだと近い将来ドイツは
「あの時、危機をギリシャで止めておけば良かった。」
と、後悔する日を迎えるのではないでしょうか?
それでいて、問題を先送るドイツを含めたEUの姿勢はどこか他人事です。
しかし、危機の深化に伴ってEUを救える存在は限られていく。

そう考えると、3年前の「麻生・中川」は間違いなくヒーローであり、
危機が顕在化してから登場するヒーローなど、そうは存在し得ないって事です。
要は「これはヤバイ」という空気を察知し、未然に防止すること。
それこそが、現実的な「ヒーロー像」なのでしょう。

既にEUは、何の痛みも伴わない再生などあり得ません。
世界の政治家(現在の日本を除く)はそこまでバカじゃなくて、
そんな策が有るならとうに実行しています。
現実は「痛み」が嫌だから、問題を先送っているだけです。
そして政治家にとっての「痛み」とは、
「世論や支持率=自分達の政治生命」だったりするわけです。


で、転じて日本。


「ヒーローを待望する国民」の支持を得て、政権を奪ったのが民主党でした。
スーパーの特売チラシをバラ撒いて「民主党政権になればバラ色です!」と。
で2年ちょっとが経過してこの「恐ろしいまでの体たらくブリ」です。

私は、先の総選挙で民主党に投票した連中に、
動機を問うた事があるのですが、異口同音に出てくるセリフのどれも、
「具体性に欠ける」ものばかりでした。
これ、小泉元総理を評価する人にも共通する事なのですが、
「じゃあその結果、世の中何が良くなったの?」と問い返すと、
見事なまでに、具体例を挙げて答えられないわけです。

ないしは「まだ構造改革が足りない」とか「まだ任期を残している」だとか。

それへの更問で「具体的に何が足りてないの?」だとか、
「残りの任期で何を期待するの?」だかと聞いても、
これまた具体的な答えを聞いた事が無い。
そんな方々にこちらから「じゃあ、どうして支持するの?」と聞くと、
「・・・・」となる。

これね、いい加減そういう人は何らか疑問持った方が良いですよ。
TPPでも同じ議論であって推進派の論調は
「よく分からないけど参加すれば良くなるし、参加しないとヤバイ!」です。
具体的なメリット上げろと言っても上げられないわりには、
反対派に対しては「イメージだけで怖がるな!」と諭すわけです。
いやいや「イメージだけで推進してる」のはあんたらだろ?

その「イメージだけ」の寄せ集めが民主党やみんなの党です。
野党がある程度「イメージ戦略」を打つのはやむを得ません。
なにせ政党ですから、1議席でも多く獲得して、
自分達の主張を法律にする事が目的であるはずですから。

で、与党になっても「イメージ戦略しか打てない」いい加減な政党が民主党です。
逆に野党に転落しても「イメージ戦略が打てない」のが自民党なわけですね。

そんな自民党に対して「今のままではダメだ!」って声を聞きますが、
逆に自民党は、野党であっても質実な事が重要だと思います。
「保守」や「デフレ期に適切な対策を打つ」政策では選挙に勝てませんし、
かといって所謂「浮動票」に媚びる政策だと、
現実味のない「イメージor過激なだけ」の戦略になってしまいがちです。
私は、自民党がそうなったら日本の政治は本格的に「終わり」だと思います。

冒頭に綴った「EUの例」をイメージして頂きたいのですが、
今、EUに必要なのは「現実的な対策」であるはずが、
どこの国(というかドイツ)も、世論を意識し過ぎて適切な対策が打てません。
ですから、国一刻と「終わり」の時期は近づいています。

それは日本とて同じ事です。
EUの「緊急事態」と比較すれば「即座に死に至る病気」ではありません。
ですが、「何となく頑張っているように見える」野田政権が、
2ケタの支持率を有るような世論では、待っているのは「緩慢な死」です。

もちろん、今の日本はまだまだ世界に名だたる経済大国であり、
下野した自民党も、政党としての健全さを保っています。
もちろん、長らく政権の座に座りすぎた事の弊害として、
右から左まで「おかしな議員」を抱えている事も事実だと思います。
ですが、そんな「おかしな議員」であっても実力を積んできたのが自民党です。

よく言う事ですが、
頭の良い人間でも、何も学ばなければ使い物になりませんし、
普通の人間でも、何かを学べば身になっていく。
重要なのは継続的に「何かをインプットするのか」って事なのですよね。

「素材としては有望だったのでは?」と思う議員であっても、
民主党を選んだが故に、「何の実力もついていない議員」や、
イデオロギーだけに生きた実力すらない「おかしいだけの議員」
その何れかしか存在しないのが民主党です。国会答弁見てればよくわかるでしょ?
ちなみに私は「自民党万歳!」などと言うつもりはありませんが、
相対的に見た時、民主党と比べれば「遙かにマシ」だとは思ってます。
(みんなの党など論外)

とりあえず「民主党的なもの」を排除する事。
これが日本の将来にとって、非常に重要な事だと思っています。
マスコミなど全くアテになりませんし、
草の根レベルではありますが、口コミで様々な情報を伝えたり、
ネットの海へ情報を流し込んだりと、地道な活動は非常に重要だと思います。
「単なるイメージ戦略」の洗脳を解く事など比較的容易です。

諦めは相手の思う壺ですからね。



▼twitter、フォロー&RTでの拡散にご協力お願い致します<(_ _)>
コンサバ21twitter



【亡国法案初号機、臨時国会へ提出。】
↑私達の生活が、根本から変わってしまいかねない法律が作られようとしています!
みなさん、行動しましょう!!



▼日本に誇りをもつ5万人超の方が集まるSNSです。
民主党嫌いが集まってます(笑)こちらでも、日記書いてます(^^




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
テレビ報道が何でも正しいと思ってる方は一見の価値あり!




スポンサーサイト

テーマ : 国際経済
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。