スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党の予算案は「党のメンツ>>>国益」

■赤字国債発行認める特例公債法案、採決先送り:読売
 政府・民主党は6日、2012年度予算関連法案のうち、歳入の裏づけとなる赤字国債の発行を認める特例公債法案について、予算案と切り離し、衆院での採決を先送りする方針を決めた。

 同法案の予算案からの切り離しは2年連続。一方、民主、自民、公明3党は同日の国会対策委員長会談で、8日に予算案を衆院通過させることで合意した。

 自民党など野党は特例公債法案に反対しており、予算案と一体で野党が多数を占める参院に送付して否決、廃案となった場合、予算執行に重大な支障が生じる。同法案は予算案と違い、衆院通過後の自然成立の規定がないためだ。

 野田首相や民主党の輿石幹事長らは6日の政府・民主三役会議で対応を協議。予算と特例公債法案を一体で参院に送り、「野党にも責任を共有させるべきだ」という意見も出たが、「衆院で審議に時間をかけ、野党の協力を探るべきだ」として分離処理を決めた。

 一方、12年度予算案は、8日の衆院本会議で与党などの賛成多数で可決された後、参院では12日の予算委員会で審議入りする見通し。予算案は、遅くとも衆院通過から30日後の4月6日には自然成立する。成立が4月にずれ込む場合、政府はつなぎとなる暫定予算を編成する方向で検討している。
------------------

さて、今年もいよいよ来年度本予算を巡る政局の季節となってきました。
野田政権が組んだ来年度予算のポイントは以下のとおりです。

・所得移転系のバラマキ(子ども手当、高校無償化、農家戸別補償など)温存
・デフレ脱却に必要な積極的な財政政策は無し


と、昨年の反省をまるで活かせてない事がよく分かります。
昨年、野党から散々「バラマキやめろ」と言われ続け、
最終的に「来年からバラマキやめます」という文書に署名する事で、
なんとか予算成立に漕ぎ着けたわけですが、
結局(案の定)その約束を守らなかった上、更に、

・消費増税前提で将来からの前借りを含んでいる

と、昨年に増して筋が悪く、人を食った予算を編成した野田政権でした。
ねじれ国会で予算成立の目途が立たないのは昨年同様ですが、
今年は更に、消費増税やTPPなどをゴリ推した結果、
党内でも異論が噴出し、一部のネズミが逃げ出す有り様です。
昨年より党が弱体化しているのに、昨年より酷い予算を編成する。


頭がおかしいとしか思えません。


このクソ予算に野党が反対するのは至極当然な流れです。
ただし今後、昨年同様に民主党とマスコミが薄汚いタッグを組み、
「野党は政局のために国民生活を人質にとっている!」と大合唱を始め、
「民主党の無能さを野党に責任転嫁キャンペーン」を貼ると予想します。


もうね、いい加減にしろよ。


「予算」と「予算関連法案」について軽く触れておきます。
国の予算は「予算」と「予算関連法案」がセットになる事で執行が可能です。
予算とは「何をどんな規模でやるのか」を定めたもので、
予算関連法案は、主に税制や赤字国債の発行など、
予算執行に不可欠な「財源を担保するための法律」です。

ただし、既存の法律で担保された税収や建設国債などは、
予算関連法案とは関係の無い財源です。
(消費税、所得税、法人税・・・etc既存の法律による税収)
それが概ね、予算案の50%程度ですから、
予算関連法案の成立遅れても、当座の予算は確保出来ているわけです。
(実際、平成23年度の関連法案は8月に成立)

そして「予算案」は衆院通過後30日で自動成立しますが、
「予算関連法案」は「衆参の可決or衆院で再可決」出来ないと成立しません。
なので民主党は「予算案」と「予算関連法案」を切り離し、
予算案だけを先に成立させるつもりなのです。(昨年と同じ戦法)

例えば、ある家庭で「300万円の車」を購入する予定だとします。
予算は手元の200万円と、残る100万円分はローンを予定しています。
そしてこの場合、車が買いたい夫は妻に
「100万円のローンを組んで良いよ。」と了解を得る必要が有ります。

ですがこの夫「飲む・打つ・買う」の散財家で、
調子良いのは口先だけ、誰からも信頼されていません。
そんな夫を見かねた妻は、
「ローン組むなら、まずはその浪費癖を改めなさい。」
と、もっともな意見を述べています。

しかしこのダメ夫は、
「100万円分のローンを組む事」にOKもらっていないのに、
「いやまあ、何とかなるでしょwwwww」と、
車を買う契約だけを進めようとしているわけです。

この小話を、国の予算に置き換えてみると、

予算:300万円の車を買う計画
予算関連法案:100万円のローン
ダメ夫:民主党
妻:野党


と、こんな感じです。
ちなみにこの状況で、
「車も買わせてくれないんですよ!困っちゃいますよねwwww」
と、グルになってご近所に吹聴してるのが民主党やマスコミです。
自らの素行を改めようとせず、
真っ当な主張をする嫁を悪者に仕立て、ローンを組もうとする。

民主党やマスコミの無茶苦茶ブリがご想像頂けませんか?

しかも予算案の衆議院通過は8日です。
30日経過の自然成立を待っていても、4月1日に間に合いません。
(自然成立は4月6日)
「予算案」が成立しないと、年金や地方交付税等の執行が止まります。
それを避けるために野田政権は「暫定予算」で乗り切るつもりだそうです。
(必要最低限の予算を執行するための4月1日~5日まで有効な予算)

「暫定予算を編成する=参院で野党の議論に応じる気がない」


って事ですね。
「党のメンツ」なんて下らないものを捨て、
景気浮揚効果の無い無駄なバラマキを改め、
国益に適った予算に組み替えるつもりがあるのなら、野党は賛成します。

よって、暫定予算など必要ありません。

暫定予算にしろ、野党が反対すれば4月1日に間には間に合いません。
法案なのですから当然ですね。
ただし野党時代の民主党は、
ガソリン暫定税率のブリッジ法案に協力せずに失効させ、
国民生活に無用な混乱を招いた前科を持っています。
目的は当然「政局のためだけ」です。

暫定税率のブリッジ法案と暫定予算とでは重みが違いますし、
現在の野党は反対はしないと思いますが、
過去の蛮行を棚に上げ、何食わぬ顔で暫定予算編成に言及する。
民主党ほどいい加減で幼稚な政党は、歴史に類を見ません。

▼twitter、フォロー&RTでの拡散にご協力お願い致します<(_ _)>




【亡国法案初号機、臨時国会へ提出。】
↑私達の生活が、根本から変わってしまいかねない法律が作られようとしています!
みなさん、行動しましょう!!



▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
テレビ報道が何でも正しいと思ってる方は一見の価値あり!





▼日本に誇りをもつ5万人超の方が集まるSNSです。
民主党嫌いが集まってます(笑)こちらでも、日記書いてます(^^


スポンサーサイト

テーマ : 野田内閣
ジャンル : 政治・経済

マニュフェスト詐欺を「ゴメン」で誤魔化そうとする民主党

【民主・岡田氏が民自公幹事長会談で提示した文書(全文):産経】
 民主党マニフェスト(政権公約)2009において国民と約束した施策に関して、現在検証作業を行っている。おおむね実現したものが多数あるなかで、残念ながら、いまだ実現できていないものがあることも事実。この点について、なぜ実現できていないのか、国民に対し説明責任を果たすことが必要である。

 実現できていない政策がある理由として、政策の必要性やその実現の見通しについて、マニフェスト作成において検討不十分なところがあったことが挙げられる。政権交代実現によって大きな政策転換を一気に実現するとの意気込みが歳出の増大につながり、他方でその裏付けとなる歳入増について、補助金の見直しなどが十分に実現していない。この点、その見通しの甘さについて国民の皆様に率直におわび申し上げる。

 今後、埋蔵金の活用や補助金の削減などにより、必要な財源をまず確保したうえで、マニフェストに掲げた政策の実現を図ることが重要である。その際にも、マニフェストに掲げたからというだけでその実現を目指すのではなく、再度その必要性を検討する必要がある。また、3月11日の東日本大震災によって、被災地の復旧・復興が極めて重要となったが、震災復興のため必要とされる予算措置と比べ、マニフェストに掲げた政策がより重要性が高いかどうかとの視点からの検討も必要である。
(略)
---------------------

↓要約

岡「ごめん、やっぱりお金無かったわ。」


うん、知ってた。


岡田が、先の総選挙の選挙公約詐欺について、今になって謝罪し、
「党ぐるみで反省してるフリ」をするという、
選挙公約違反すらアホーマンスに利用する、あざとさを見せています。

「子ども手当の見直し頓挫=公債特例法案の成立が困難」

な状況になって、いきなり「ゴメン」って何それ?
日本には「ゴメンで済んだら警察要らない」という至言があります。
しかも、オオカミ少年がどん引きするレベルのウソをついておきながら、
「ゴメン」でリセット出来ると思ったら大間違いです。

本気でマニュフェスト違反を謝罪する気概があるのなら、
きっぱりと子ども手当を筆頭とした、
「投入金額に対する効果の薄い政策」を諦めたらどうでしょう?
そして、本気でマニュフェスト詐欺を悔いる気があるのなら、
子ども手当を復興財源に回し、一刻も早く公債特例法案を成立させる。
で、ここまでやってから「ゴメン」が筋でしょ?

なのに、グダグダと「子ども手当ver1.0○」的なマイチェン案を出して、
その都度、野党との溝を埋めがたい物へと掘り進めてしまう。
で今回「ゴメンって言ってるのに、野党君が許してくれませーん!」
とアピールし「賛成せざるを得ない空気」を醸そうとしてるのがバレバレだから、
結局、更にこじれる事になるのですよ。

で、案の定ゲルが怒ってます。
【2011年7月22日 (金)突如:自民党石破茂政調会長blog】
↑ゲル閣下のblogより抜粋
事前に自民党幹部にこのような発言をする旨の連絡があった、特例公債法案を通すための布石だとも報ぜられていますが、真偽のほどは定かではありませんし、少なくとも政策責任者の私は一切聞いておりません。

岡田を擁護するツイートでは、
「別に野党に媚びたわけじゃなく、岡田幹事長は国民に謝罪してるんだから、
 ゲルが事前に聞いてないとか関係ないでしょ?」


という意見がありました。そのとおりだと思います。
「与党が国民に向けて発したメッセージ」なら、野党に諮る必要はありません。
ですが、今のタイミングで謝罪した心は何でしょうか?
国民に対して「ゴメン」と言ったくせに、また行動が伴わなければ、
与野党協議の足枷にしかならないと思うのですが?

で、民主党が今回提示したのは「子ども手当ver1.04」程度のクソ案で、
とても、野党が飲める代物じゃありません。
と言うかそんな事、今までの協議過程で分かりきってる事でしょ?

更には、未だに「埋蔵金の活用や補助金の削減など・・・」などと、
有りもしないヘソクリの存在をほのめかし、
「有るといってた財源が無かった事実」は、頑なに認めようとせず、
「本当は有るのに、努力不足で見つけられてないんだ、ごめんね。」
と、論点をずらして謝罪する往生際の悪さです。

要は、謝ったフリをしただけで、何も懲りてないって事です。


そもそも先の総選挙でこのオオカミ中年どもは、
「ムダの削減と埋蔵金で予算は確保出来る!」と豪語してたわけです。
それが、2年もかけて散々洗い出したのに出てこない。

もうね、無いものは無いんですよ。

しかも、先日の内閣マイチェンで仕訳の女王を仕分けてしまうなど、
すでに菅は、賞味期限の切れた事業仕分けには、全く興味が有りません。
だから、岡田の言う「埋蔵金」が発掘される事は一生ありません。
(そもそも埋蔵金など存在しないのですが。)

何なら民主党が野党時代に主張してた「埋蔵金=特別会計」の存在について、
「自由に使える代物じゃない」と反論していた、
現政権の現役閣僚である、与謝野馨に聞いてみればいいのでは?
で、与謝野から「埋蔵金」とやらの性格についてレクを受けた上で、
それが使えるか否かを判断すれば事足りるのに、何故それをやらないの?

ちなみにその昔、財務省へ乗り込んでいって同省からレクを受け、
「埋蔵金が沢山ありました」と、気持ち悪い笑みを浮かべていたバカが居ます。
そして、埋蔵金だと指摘してたのが「外貨準備高」であって、
気持ち悪い笑みを浮かべてバカが「菅直人」です。

ちなみに、外貨準備が使えない理由は、
拙blogで綴っておりますので、詳しくは過去記事をご一読下さい。
【復興財源は外貨準備だ?:拙blog】
※上記記事の後半部分です。

平たく言うと、外貨準備とは過去の為替介入で積み上がった外貨(主にドル)で、
為替介入のために発行した短期国債の裏付けとなっている資産です。

そもそも、外貨準備は外貨(便宜的にドルとします)ですから、
日本国内で使うためには「ドル→円」への両替が生じます。
で、それはすなわち「ドル売り円買い」の円高方向への為替介入です。
ただでさえ、円高で困ってる経団連が黙っていないでしょうが、
経団連の意向なんて無視して、それを実行したとしましょう。

ただし、外貨準備高は短期国債の裏付けなのですから、
短期国債償還以外の使途に充てる(運用ではなく使ってしまう)のであれば、
その分、別の財源で短期国債を償還する必要が生じます。
(詳細は前出の拙blog過去記事に綴ったので、今回は割愛します。)

ただ、手元にそれ(短期国債の償還資金)が現ナマであるのなら、
そもそも、それを予算に充てればいいだけですし、
「短期or長期国債の日銀引き受け」「赤字国債発行」で財源を工面するのなら、
それこそ「公債特例法的な法律」を通す必要があります。

ただし「短期国債償還に充てる財源のための国債発行」という意味不明な法案に、
普通以上の知恵を持っている野党が賛成するはずがありません。

外貨準備を日本円に両替して使うために、
短期国債を償還する必要が必要が有るんだけども、
そのためのお金が無いから赤字国債発行しても良いかな?


これでは、単なるバカの所行です。
「使えない」というより「使う必要がない」が正解ですから。
もう少しかいつまんで言うなら、こういう事です。

車を買うために、Aさんに貸してたお金を返してもらいました。
でも、Aさんに貸してたお金は、そもそもBさんから借りたお金だったので、
Bさんには、銀行から借りてお金を返しました。


と、いうのが「外貨準備を予算として使う」という行為です。
だったら最初から「銀行からお金借りて車買えば良いじゃん」って事です。

よく「外貨準備を使え!」と主張する有識者とやらがいますが、
上記のロジックを踏まえた上で主張してんでしょうか?
考えれば考えるほど、わざわざ外貨準備を使う理由が無くなるのですが。

何れにしても、相当なバカって事です。

あと、こと更「アメリカから圧力がかかって使えないんだ」
とか、陰謀論を根拠に「外貨準備を使わないんだ!」って意見もあります。
当然ですが私は、アメリカからの圧力の有無は知りません。
てか、単なるいち日本国民である私が知れるはずもありません。

陰謀論者が、どうして圧力の有無を知る事が出来るのかな?
という素朴な疑問は置いといたとしても、

そもそも、アメリカの度重なる量的緩和(ドル安政策)の影響で、
コモディティバブルが醸造される中での「ドル安方向」への介入は、
中東の革命に荷担する行為であって、国際的なひんしゅくを買うのは必至ですし、
更には、そこまでやっても「面倒なだけで意味がない」行為です。

話が長くなりましたが、これを「埋蔵金」とはしゃいでたバカが菅です。
当時は「このバカ何言ってんだよwww」と失笑して聞いてたのですが、
それが財務大臣を経て、今や総理大臣をやってる悲劇です・・・。

政権交代後は、財務官僚辺りからレクでも受けたのか?
与党からは、とんでも論を口にするバカは消えましたが、
野党時代はそれを、公然と口にして「財源にする」と主張してたわけです。

で、その矛盾を正す事もせず(ただす頭が無かったのかもしれません)
野党時代、民主党と一緒になって「埋蔵金キャンペーン」やってたのが、
無責任かつ無知なマスコミです。
で、今になって「財源の見通しが甘い」とか書き立てたりもしますが、
その片棒を担いでたのが自分達って自覚は微塵も無いみたいですね。

しかし、当時と比べてマスコミのレベルが上がったとはとても思えませんし、
得にテレビは、限られた時間内で伝えられる情報量が新聞以下です。
で、その限られた情報を発信する連中が、常に正しい知識を持ってるかと言えば、
残念ながら「もってない場合が多い」としか言いようがありません。
なにせ当時、外貨準備の財源論について正確に説明したマスコミを知りません。

要は、テレビで発信されてる情報も、
しょせんは誰かの主観でチョイスされたものであって、
その誰かは「万全ではない」という事です。

(もちろん、今も当時もちゃんと書く記者も存在します。)

「ネットの情報を鵜呑みにするな」とは言いますし、そのとおりだと思います。
ですが「テレビや新聞の情報」を鵜呑みにするのも、相当に危険だと思います。





▼twitter、フォローお願い致します<(_ _)>
コンサバ21twitter



【亡国法案初号機、臨時国会へ提出。】
↑私達の生活が、根本から変わってしまいかねない法律が作られようとしています!
みなさん、行動しましょう!!



▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>

人気ブログランキングへ


▼日本に誇りをもつ4万人超の方が集まるSNSです。
民主党嫌いが集まってます(笑)こちらでも、日記書いてます(^^




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
テレビ報道が何でも正しいと思ってる方は一見の価値あり!



テーマ : 民主党・菅直人政権
ジャンル : 政治・経済

こっちがびっくり子ども手当

▼時事通信
首相発言「正直で立派」=子ども手当で経財相

 与謝野馨経済財政担当相は25日の閣議後の記者会見で、菅直人首相が民主党の2009年衆院選マニフェスト(政権公約)で子ども手当が2万6000円に増額されたことに「ちょっとびっくりした」と述べたことに関し「非常に正直で立派だ」と擁護した。
 その一方で、「あのマニフェストの作成者がよく分からない。自民党だと政務調査会で作って政調審議会、総務会で通しているが、(民主党は)事務局を入れてほんの数人で、これで最終版という作り方をしたと思う」と語った。マニフェストの策定過程がずさんだと言わんばかりの発言に、民主党内から反発が出そうだ。 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


菅「子ども手当2万6000円にビックリ!」

与「非常に正直で立派だ!」

記事「民主党内から反発が出そうだ。」



おまえら全員にびっくりだわ。


選挙前に小沢の一声で1万円上積みになったとか、
そもそも、子ども手当の額に提示出来る根拠なんか無くて、
国会でも散々追求されている事ですよね?

「根拠が無い」なんて言ったら、赤字国債刷って支給する大儀が無くなり、
「根拠がめちゃくちゃ」であっても、それは同じ事です。

だから野党は「根拠を示してくれない?」と、真っ当な要求をしてるんですが、
それに対して民主党は、

「・・・えっと、詳しい事は考えた人に確認しなきゃ分かんないんだけども、
 経済対策ってだけじゃなく、子育て支援のためでくぁwせdrftgyふじこlp」


などと、意味不明な供述を繰り返しており。

で、野党から「さっさとその「詳しい事」とやらを確認して根拠示せや」
と更問を受けてる・・・いや、受けまくっている所です。

よーし、じゃあ菅直人くんに良い事教えてあげるね!
民主党の「子ども手当」政策について(中間報告)
↑この「中間報告」とやらに、こう書いてあるんですよ。

各種の調査から、子育て費用として
月平均2万6千円程度かかるというデータが示されている。
(上記「中間報告」より抜粋)


で、報告者は「林久美子」「三井辨雄」とあります。
ほれ、さっさとこいつらに聞いてこいよ。
で、その「2万6千円程度かかるというデータ」とやらを示せば良いじゃん。

そして、幸いな事にこの2人、なんと民主党の現職議員さんなんですよ!
で、この「中間報告」も、なんと民主党のHPに載ってる資料なんですよ!
やったね!これでもう、明日にでも解決じゃん☆

試算の根拠になったと思しき資料と、その資料を探してきた人
それが見つかったんだから、もう分からないはずがないですよね!


・・・と、この様に、民主党のブーメラン体質は天性かつ真性のものです。


元々1万6千円だった支給額が、ある日突然2万6千円になった根拠は
「おざわが言ってた。」だけなんでしょ?

更に、1万6千円の根拠も「控除廃止で捻出出来る財源を頭割りした」だけです。
「財源16万円あって、これを10人で割ったら1人あたま1万6千円だね。」
って事ですけど、これは根拠って言えるんでしょうか?

「年齢に応じて○円必要で、子供の数が○人だから、必要な財源は○円」
ってのを、第三者が理解出来る形で整理した資料を「根拠」と呼ぶのだと思います。

そもそも出発点から間違ってるんですよ。
×:民主党の根拠→財源が○円あるから、1人あたま○円支給。
○:一般的な根拠→1人あたま○円必要だから、財源は○円必要。


洋菓子店でケーキ買う時、普通は
「大人2人と子供3人だから、必要なケーキは5個」って考えますよね?
「適当な数買って、分け方は後で考えるわ」って人はあまり居ません。

こう言うと「いや、各国での支給水準が・・・」という反論もありますが、
単純に「外国が○円だから、日本も○円」ってのは根拠になりません。
以前、とある民主党候補者に問うた時に言われたんですけどね。

例えば、
・ヴリヂストンという会社の大株主を母に持つ、金持ちのH山くん
・ろくに就職もした事なくて、市民活動に明け暮れてた貧乏のKくん

が、それぞれ家庭を持って、それぞれの家庭に子どもが居たとします。

でも、金持ちのH山家と貧乏なK家、
子供の小遣いが同じである必然はありませんし、
H山家の小遣いの額を、K家が参考にする必要もありません。
なにせ、収入も育った環境も全然違うんですから。

で、人口、経済規模、福祉制度、生活水準、国民性など、国によって違うのに、
他国での子ども手当の支給額が、何故、日本での支給額の根拠になるんでしょうか?
しかも、上記の「中間報告」によると、

「欧州諸国の「子ども手当(家族手当)」の支給水準が平均2万円強である点」

と、触れています。
「欧州諸国」が、どこを指すのかは明示がありませんが、
基本的に「欧州諸国」は「高福祉・高負担」であるケースが多いです。
転じて、日本は「低福祉・低負担」の国です。

つまり、そもそもの土台が違うのに比較する事がおかしいんです。

他国を参考にするんなら、国家を構成する様々な要素を分析したうえで、

A国と日本の国家モデルは類似しており、子ども手当の支給額は、
A国と同等の○円をベースに試算を行なった結果、日本では○円が妥当である。


くらいの根拠があって「他国を参考にした」って言うんなら、文句言いません。
で、前出の民主党候補者に、
「そんな資料が公開されているのなら、教えて頂けませんか?」と聞いたら、


民主「・・・・。」


と、黙ってしまいました。てか、黙んなや。

「子ども手当を2万6千円支給する」ってのは、
民主党という組織が選挙公約に掲げ、小沢・鳩山の歴代代表が、
必ず実現すると言い切った政策です。
※決して小沢・鳩山を褒めてる訳じゃありません。

それを「聞いた時ビックリした」とか言ってる時点で、
菅直人が「いかに何も考えていないのか」が分かりますし、
それを「正直で立派」などと擁護する与謝野も大バカです。

こういうのは「正直」とは言いません「愚か」って言うんです。

いや、良いんですよべつに?菅が個人的に、
「突然1万円も上乗せされててビックリした」って思うのは。
そりゃ、ビックリするでしょう。

ただ、それを国会答弁で口にする事が問題なのですよ。
「小沢の時に決まった事だから、俺知らねー」とでも言いたいんでしょうか?
そう思うんだったら「子ども手当or総理」をやめるべきです。

必要だから、赤字国債を発行してまで支給しようとしている。
しかも、徹底的に反対である野党にも「飲め」と言っている。
その施策を掲げる組織のトップが「ビックリした」と言っている。


少なくとも、来年度本予算の争点のひとつなんですから、
トップの認識がその程度なんだったら、さっさと引っ込めるべきです。

与謝野も与謝野で、マニュフェスト作成過程の杜撰さを指摘するのは勝手ですが、
今、あんたは「その杜撰な集団の一員」って事を理解してますか?

詐欺師集団に自分から飛び込んでいって、
「コイツら、本当に嘘つきだよな!」と言ったところで、

「お 前 が 言 う な」なんですけど。

ホント、他人事ですね。
心意気だけは少々買ってた自分がバカでした。

で、そんな詐欺師集団の中にあって、
菅の劣化版コピペである江田が、真っ当な主張をしていますよ!

▼時事通信
「国民、骨折国会望まぬ」=江田法相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011022500201
 江田五月法相は25日の閣議後の記者会見で、2011年度予算関連の特例公債法案などの成立が絶望的となったことに関し「与野党を超えて責任を分有し、結論を得る努力をしなければいけない。(衆参の)ねじれは国民の判断でできたが、(国民は)ねじれがこじれになり、さらに骨折になって、動きが取れないようにしなさいと言ったわけではない」と語った。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


「ねじれは国民の判断でできたが、(国民は)ねじれがこじれになり、
 さらに骨折になって、動きが取れないようにしなさいと言ったわけではない」

 
うんうん、まさにその通りだと思いますよ。
たまには良い事言うじゃん、江田のくせに。

だから、さっさと解散なり、野党案を丸飲みするなりしろって言いたいんでしょ?


え!?違うの??

なに?野党に折れろって言ってんの???


今、国会が骨折しそうになってるのは、
「バラマキ4Kを民主党がゴリ推ししようとしてるから」でしょ?
「与野党を超えて責任を分有し、結論を得る努力をしなければいけない。」
と言うんなら、まずは与党がその姿勢を見せるのが筋というものです。

野党は「景気対策にも財政再建にもならない事をやるな」と言ってます。
与党はそれに対し、聞く耳持たずに「いいから聞けよ!」と言ってます。

さて、努力する必要があるのはどっちでしょうね?

予算案を飲む、と言う事はバラマキ4Kに賛成するって事です。
だから野党は、責任を分有しようとしてるから反対してんでしょ?
責任も取ろうとせず、かといって真剣に努力もしてないのは与党です。


「動きが取れないようにしなさいと言ったわけではない」


そのとおり。だから、あとは民主党の出方如何、です。


▼変態新聞
民主党:ビラに首相夫人…代議士会で飛び交うヤジ、怒号
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110225k0000m010113000c.html
 民主党の機関紙「プレス民主」の政策ビラに、菅直人首相の伸子夫人が漫画で登場して子ども手当などを解説したことについて、24日の同党代議士会で、小沢一郎元代表に近い議員から不満が出て、冷静な岡田克也幹事長が「そんな言い方があるのか」と怒声を上げる騒動となった。

 問題になったのは「伸子さんのちょっとイイ話♪」と題したビラ。大谷啓衆院議員が「首相夫人を広告塔にした覚えはない。逆効果」と批判。担当議員が答弁すると「何言ってるんだお前」「作り直したほうがいい」などのヤジが飛んだ。

 ビラ作成は首相の発案で岡田氏が実施したものだが、出席議員の一人は「学級崩壊みたいだ」と嘆いた。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「伸子さんのどうでもイイ話♪」の間違いではないかと・・・。



一言だけ言わせて下さい。



「おまえら、真面目に仕事しろよ」



かつての自民党の派閥争いが、懐かしくなるほど低レベルな争いです。



▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>

人気ブログランキングへ


▼日本に誇りをもつ4万人超の方が集まるSNSです。
現政権に疑問をお持ちの方、情報収集にはうってつけですよ!




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

予算も先送り

▼読売新聞
予算関連、法案分割を再検討…議員立法で

  政府・与党は23日、2011年度予算関連法案のうち、税制改正関連法案について、議員立法で法案を分割し、野党の賛同の得やすい税率軽減などの措置のみを優先して成立させる方向で調整に入った。

 法案の分割案は民主党の安住淳国会対策委員長が野党側に呼びかけたが、反発を受けて「封印」した経緯がある。しかし、その後、社民党が予算関連法案に反対する方針を決め、衆院で再可決するめどが立たなくなったため、改めて野党に協力を求めることにしたものだ。安住氏は近く野党の意向を聴取する考えだ。

 税制改正関連法案のうち所得税法等改正案は、土地売買の登録免許税軽減や輸入関税の税率軽減、野党が反対している法人税減税などを一本化したものだ。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



>野党が反対している法人税減税などを一本化したものだ。


入れちゃダメだろwwwww


どさくさ紛れに、何をコソっと混ぜようとしてんだよwww
こういう姑息な事やるから揉めるんでしょ?
与党が予算関連法案を割ろうとしてる前代未聞の状況下で、
何故、敢えてダメ出しされるような自爆要素を含ませるのか・・・。
姑息というか、愚かというか・・・いや、違うな、


アホなんだ。


ホント、救いようのない連中です。

記事でも触れてますが、野党は1回このやり方は反対しましたよね?
で、その後、野党が心変わりする出来事が有ったのかと言えば、
それはこれから調整するんですって。


うーーーん。


何ら議論に進展が無い中、ほんの少し前にダメだし食らった手法を、
果たして野党が飲むでしょうか?
「分割した法案を飲むか」じゃなくて「手段として応じるか」って意味で。
本当に、やる事が拙速と言うか、場当たり的と言うか・・・。

逆に野党は、これを武器にして解散に追い込むのってのはどうでしょう?

・民主党の分割案を飲み、国民生活に影響が出ない部分の赤字国債発行は認める
・残りの※バラマキ4K政策を含めた赤字国債の発行については、
 その是非を、衆議院を解散して国民に問う。
・じゃなかった応じられません。


※4Kバラマキ政策:子ども手当、高速無料化、農家戸別補償、高校無償化

という条件を突き付け、あとは絶対に譲らない。

どのみち、建設国債と政府短期証券は公債特例法と関係なく発行出来ますから、
「今回の分割案+建設国債+政府短期証券」で、当座は余裕で凌げます。
3月末の暫定予算成立を持って、解散総選挙に臨んだとしても、
「選挙期間+組閣+予算審議」を含めても、2~3ヶ月有ったら行けますよね?
これで野党は、4K法案だけを争点化する事が出来ますし。

当座の国民生活に支障無い範囲の予算執行については担保した。
あとは、民主党が掲げる4K政策か、我々が掲げる政策か、
いずれを望むか国民に問おうじゃないか!


とか言いつつ解散に追い込めば、確実に民主党大爆発です。
噂されるTPP解散とか、争点逸らされるよりダメージ大きいですから。

しかし、残る4K法案の赤字国債については、可決の目途も無いのに先送り?
こいつら本当に「今を凌ぐ事」しか考えられない短絡的脳の持ち主ですね。
統一地方選が終わったら、急に公明党が軟化するとでも思ってるんでしょうか?


だとしたら、本当に甚だしいバカとしか言いようがありません。


ちなみに、少し状況は違いますが、
福田政権時のねじれ国会で、ガソリンの暫定税率が失効して、
ひと月ほどガソリン価格が下がった事が有りましたよね?
あの時、民主党が参院で予算審議に応じない事が分かってたので、
自民党は「ブリッジ法案」と呼ばれる、つなぎ法案を提出しました。

予算関連法案は、参院で採決されなくても、
衆院通過後60日で「みなし否決」となります。
その後、衆院へ戻され2/3以上の賛成で再可決が可能です。

ですが予算案は、予算委員会での審議等を経て採決されるため、
予算案+関連法案の衆院通過は、通常2月末~3月頭です。
そのタイミングでは、参院で野党が審議に応じない場合、

・予算案:衆院通過後30日で成立→3月末成立
・関連法案:衆院通過後60日でみなし否決後、衆院で再可決→4月末成立


となり、
・3月末で暫定税率が失効、1ヶ月ほどガソリン価格が下がる
 ↓
・4月末に関連法案を衆院で再可決して暫定税率が復活
 ↓
・それと同時に再度ガソリン価格が上昇、国民生活に混乱が生じる


で、民主党は「国民生活に混乱を生じさせ、自民党の支持率を下げる」
という、政局のためだけに暫定税率の失効を狙っていました。

それをさせないため、自民党が議員立法で提出したブリッジ法案は、
4月末まで暫定税率を継続させるための、つなぎ法案でした。
つまり、1月末にブリッジ法案を衆院を通過されせば、参院で野党が審議拒否しても、
60日のみなし否決ルールが適当されるため、
3月末には、衆院でブリッジ法案が再可決され、暫定税率は維持されます。

ちょっと分かりにくいので、図にしてみました。
予算
こんな感じ。

ただし、これでは民主党の「暫定税率失効」という思惑が達成されないため、
「きちんと予算成立に向けて審議するから」と条件を付けて、
自民党にブリッジ法案を引っ込めさせたのでした。

ですがブリッジ法案を引っ込めた後も民主党は、
与党の提案に色々難癖付けて参院での採決には応じませんでした。
で、思惑通りに暫定税率が失効してガソリン価格が下がり、
4月末の関連法案の再可決後に暫定税率が復活し、ガソリン価格が再上昇し、
この一連のゴタゴタに物価高が相乗して、支持率が低下しました。

結局、民主党は「暫定税率を失効させる」事が目的だったので、
与党がどんな案を提案しようが、飲むつもりは毛頭無かったって事です。

今回の民主党の提案は
「関連法案を分割するから4K以外の予算関連法案は可決してくれ」
であって、当時の暫定税率ブリッジ法案とは意味が違います。

・現在(民主):「赤字国債の発行」
・当時(自民):「暫定税率の延長」


ですが「予算執行の担保である関連法案の可決」という点で同じです。

当時の争点は「ガソリンの暫定税率」であって、
民主党の目的は「自民党の支持率を低下させる事」でした。

今回の争点は「バラマキ4K政策の中止」であって、
野党の目的は「景気回復にも財政再建にもならない愚策の中止」です。

それぞれ「優先した物は何だったか?」を考えるべきだと思います。
民主党は、今も昔も党益しか考えていません。
本気で「国益」について考えているのであれば、
きちんと与野党協議に応じて、予算案の組み替えを行うべきです。

なのに、それすら拒否して「与党案を丸のみしろ」と言うばかりで、
バラマキ4K政策は、アテも無いまま先延ばしするんだそです。

国政を私物化し、国民を愚弄するのもいい加減にしてほしいもんです。


▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>

人気ブログランキングへ


▼日本に誇りをもつ4万人超の方が集まるSNSです。
現政権に疑問をお持ちの方、情報収集にはうってつけですよ!




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^





テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

元気な日本は復活させません。

▼時事ドットコムより
来年度予算案、きょう午後決定=過去最大92.4兆円、特別枠は2兆円超

政府は24日午後、臨時閣議を開き、2011年度予算案を決定する。一般会計は92兆4000億円程度と10年度当初予算(92兆2992億円)を1000億円程度上回り、過去最大となる。成長分野やマニフェスト(政権公約)関連施策に重点配分する「元気な日本復活特別枠」には、2兆1000億円を充てた。特別枠は、当初想定していた1兆3000億円から大幅に膨らんだ。各省庁の予算要望に人件費など予算を削りにくい施策が多く入っていたのが要因。農家の戸別所得補償の畑作への拡大(1024億円)や小学校の少人数学級化(約2000億円)などを盛り込んだ。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

メリクリ

民主党政権が誕生してから、2度目の予算編成となりますが、
野党時代あれほど「ムダヅカイガー」とか言ってた人達が予算を組むと、
何故か2年連続で過去最高記録を更新するという不思議。

別に、予算が過去最高を記録する事が悪いとは言っていません。
「デフレ脱却のためにドカンと公共投資するよ!」
「回りが物騒だから国防予算奮発するよ!」

とか、そんな理由だったら何も文句はいいません。

民主党が予算を肥大化させてる理由を箇条書きにしてみるとこんな感じ

「硬直化した予算を見直すぜ!各省庁、好きに予算要求しな!」
  ↓
そうしたら、思いのほか好き放題要求してきた。
  ↓
でも、それをどう調整したら良いかイマイチ分からなかった。
  ↓
マニュフェストに乗っけたバラマキもやらなきゃ。
  ↓
予算額過去最高、やったー!


とまあ、要するにいつものあれですよ。
今やすっかり責任転嫁の代名詞となった「政治主導」の賜物です。

良くも悪くも今までは、予算編成の前に事務次官会議を開催して、
各省庁間で予算枠を調整しあっていました。

A省「来年はどうしても、あとちょっと予算欲しいんだけど?」
B省「ん~、分かった、じゃあうちのこの事業、来年は諦めるわ。」
A省「じゃあ、再来年はうちがちょっと譲歩するという事で。」


と、こんな具合で。
事務次官とは事務方のトップ、つまり各事業の専門家ですから、
「これは削ってもOK」「これは削るとまずい」という判断が可能でした。
そんな専門化が事前に予算枠を調整することによって、
予算が野放図に膨れ上がることを防止していたのです。

でも、政治主導を掲げる民主党は、この事務次官会議を廃止しました。

ですが、政治主導を掲げながらも中身がスッカラカンの民主党に、
様々な事業の取捨選択なんて出来るはずがありません。
で、各省庁が削られる事を前提に、少し多めに予算要求した結果、
民主党はそれを削りきれないまま、バラマキ予算までもを上乗せしました。

イメージとしては、
従来の予算:100
削られる事を前提に各省庁が要求した予算:110
民主党のバラマキに必要な予算:20
 とした場合、
バラマキに必要な予算を確保するため、各省庁の予算を削減したけど、
何を削って良い物か分からず、結局90までしか削れませんでした。
で、ここにバラマキに必要な20を足したら110まで予算が膨れました。

と、こんな具合です。

例のごとく、選挙対策で「やるぜー!」と言ったは良いものの、
言った後のことは何も考えていない民主党。いつもの構図です。

しかも財源が無いので、麻生政権時代に発行した、
「44兆円」を上限として国債を発行し、それでも足りずに、
特別会計ちょろまかしたり、来年度の税収が増える「だろう」と予想して前借りしたり、
パチンコ狂いのDV亭主級にめちゃくちゃな事やっています。

ちなみに、民主党が「上限」として設定する麻生政権時の国債発行額「44兆円」は、
100年に1度と言われるリーマンショックの影響を回避するため、
麻生政権が積極財政に打って出たために必要だった発行額です。
財務省HP参照(リンクページの表の左から2番目の数値が各年度の国債発行額)
リーマンショックの前年までは、40兆円を超えたことがありませんでした。

で、民主党さんは毎年、100年に1回に発生するような、
何かに対応するために予算組んでるんでしたっけ?


民主党の予算編成が如何に瑣末で杜撰なのかがよく分かりますよね。
なにせ、麻生政権の時は、100年に1回の・・・・あ。


民主党ショックか!


なるほど。
確かにそれは、リーマンショック並みの事件ですね、しかも毎年。
しかしまあ、まがりにも22年度に過去最大級の予算を編成しておきながら、
景気が上向く兆しがまったく見えないこの不思議。

別に国債の発行が悪いわけではなくて、むしろこのデフレ下では、
がんがん国債刷って、市場に仕事を提供するべきだと思います。
ですが、民主党が国債刷って編成している予算の核は「バラマキ」で、
個人や企業に直接お金を渡しても、貯蓄へ戻っていくだけで、
何回予算組んだって、デフレから脱却する事なんて不可能でしょう。


更に、今回の予算編成の目玉と言っている「元気な日本復活特別枠」ですが、
その額が2兆円超なんだとか。
麻生さんが定額給付金として配布した金額が約2兆円でした。

そこから推測しても、民主党が政策コンテストとやらにかけて、
取捨選択した事業に2兆円投入したところで、ほぼ効果無いでしょうね。

元気な日本を復活させたいのなら、
民主党は下野して解党、民主党員(ついでに社民党も)及びサポーターは、
永久に公民権を停止する。


まずはそんな法案を提出してみては如何でしょうか?


▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>




▼日本に誇りをもつ方が集まるSNSです。
現政権に疑問をお持ちの方、情報収集にはうってつけですよ!




▼テレビのウソを知るための入口サイトです。
動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^



テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。