スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教えてやろう、強腰外交とはこういう事だ!

▼産経ニュースより。
【露大統領北方領土訪問】民主平田氏、搭乗機「撃墜できるわけないんだし」と
弱腰外交批判に反論


 民主党の平田健二参院幹事長は2日の記者会見で、メドべージェフ露大統領の
国後島訪問について「不法占拠しておって、オレのところの土地だなんていうの
が間違っている。論外だ」と非難した。

 そのうえで野党が、菅直人政権の外交を弱腰と批判していることに対し「強腰
とか弱腰とかいう話じゃない。ロシアの大統領の乗った飛行機を撃墜するかね。
そんなことできるわけないじゃないか」
と、脱線気味に“反論”した。



setsuko!_03.jpg

平田が爆弾発言をしています。
民主党に強腰外交をさせると、色んな外交プロセスをすっとばして、
いきなり武力行使に移ってしまうと、そう言ってます。

なるほど。

今まで弱腰外交に徹していたのはあくまでも、
自らの暴走を封印していた故、だったんですね。
民主党がいつの日かブチ切れて、強腰外交に転じた時、

「かの国は、神聖なる日本国の領土を不法に侵略した。
 すなわちこれは、先制攻撃を受けたに等しい。
 よって、我が日本国は、専守防衛の思想に則り、
 防衛行動に移る事をここに宣言する!!」


で「自衛の御旗」の元に、中国、韓国、ロシアに戦いを挑む訳ですか!
胸が熱くなるな。


・・・しかしまあ、10か0かの議論ですね、この人。
今日日、小学生でもそんな事は言わないと思いますが。

▼民主党の対応@弱腰編
いじめっ子「やーい、やーい、お前の母ちゃんでーべーそーww」
いじめられっ子「違うもん・・・やめてよぉ・・・。」


▼民主党の対応@強腰編
いじめっ子「やーい、やーい、お前の母ちゃんでーべーそーww」
いじめられっ子「オーケー、あの世で後悔しな。



節子、それ強腰と違う、やけっぱちや。


ちなみにこの平田という議員は以前、
ソマリア沖での海賊対策のための自衛隊派遣に対して、

「海賊というのは漫画で見たことはあるが、イメージがわかない。
 ソマリア沖で、日本の船舶が海賊から襲撃を受けて、
 被害を受けたということがあったのか?」


などと発言していました。
ですが、平田が国会でこの寝ぼけた質問をしていた時点で、
日本の船舶は、海賊からロケット弾を打ち込まれたりとだか、
普通に被害を受けていましたし、そんな経緯から、
国内の海運大手から、海賊対策への要望書も提出されていました。

この事実からも平田は、

・事実を調べようとせず、思い込みだけで発言している。
・実害が発生していなければ、リスクは事前に回避する必要は無い。


というスタンスをとっており、根本的に間違っています。
これ、国会議員云々以前に、社会人としてどうかと思います。
こんなのが与党になり、参院幹事長という要職につき、それでいて・・・

「飛行機を撃墜するかね。」

などと、未だに寝言を言っているのです。まったく成長してませんね。
更にに、

「そんなことできるわけないじゃないか(キリッ」

と言われても、何というか。
そんな事やれなんて、誰も、一言も言ってません。

↓産経のこの記事に有るように、
【露大統領北方領土訪問】動かない菅政権 口開けば「冷静な対応」

9月頃から「メドベージェフ大統領が北方領土に行くぜ?」
という計画があったので、前原は駐日大使を呼び出して、
「そんな事やったら、分かってんだろうな?」と、釘を打っていました。

ここまでは良かったんです。

ですが、菅と前原は10月のASEANに参加した時、
ロシアのメドベージェフ大統領とラブロフ外相に直接会っているのです。
この時「大統領が北方領土を訪問する計画がある」ことは、
当然知ってたはずです。前原は事前に牽制入れてるんですから。
でも、菅と前原はこの時、当事者を前にして、な~んもしてません。

例えばですよ?

Aさんが、ある土地に不動産を持っていました。
無法者Bさんは、その物件を欲しがってました。
で「近いうちにBが、Aの家に勝手に上がり込むらしい」
という情報を得たとします。

するとAさんは、Bの子分であるCを呼び出して、
「そんなのダメなんだからね?Bにきちんと言っといてよ?」
と、Cに伝えました。

そしてある日、AはBと直接会う機会が有りましたが、
その時は本人を前にして、何も言いませんでした。
するとどうでしょう?
後日、BはAさんの物件に勝手に上がり込んでしまいました。


これ、一番悪いのはもちろん、
勝手に上がり込んだBである事は言うまでもありません。

ただしAさんは、Bと直接会う機会があったんだから、
「分かってんだろうな?勝手な事すんじゃねーぞ?」
くらいの釘を刺しておく事は出来たはずです。


もしかしたら、それでBは思いとどまったかもしれませんし、
忠告したにも関わらず、勝手に上がり込んだのであれば、
「BはAさんが忠告したのに、それを無視して上がり込んだ」
と、強気の対応も出来てたはずなんですよ。


しかも、北方領土は現在ロシアが不法占拠中であって、
ロシアの大統領なら、行こうと思えばいつでも行け状況です。
それをさせないためには「政治的な圧力をかける」しかないのです。

日本が国際社会に向け、声高に叫べば叫ぶほど、
ロシアは、躊躇せざるを得なくなるわけですよ。
ロシアは北方領土を「不法占拠」してるんですから。
事が大きくなって、困るのは相手なんですよ?分かってます?

強腰外交とやらを実行するのなら、
首相が乗った飛行機打ち落とす前に、
是非とも、政治的に強腰になってもらいたいもんです。

ちなみにこの件でまた、民主党内のパフォーマンス部門が仕事してます。

【露大統領北方領土訪問】「時計の針の逆回し」西岡議長が批判

 西岡武夫参院議長は2日の記者会見で、ロシアのメドベージェフ大統領による
北方領土訪問について「長い交渉の歴史の中で時計の針を逆に回した。かなり大
きな問題だ」と批判した。同時に「全力を挙げて今回のようなことが起こらない
よう、阻止する努力をしたのか」と指摘、日本政府の対応にも疑問を呈した。



だったら、ASEANの前に、菅と前原に対して、
「ロシアに圧力かけてこいよ?分かったか?絶対にだ!」
と、全力を挙げて阻止するように促したのでしょうか?

西岡の発言からそれは汲めませんが。仮に事前に促してたのであれば、
「あれだけ言ったのに」的な発言が有ってもいい気がします。
きっと、何も言ってないんでしょう。

前もって何も行動を起こさないくせに、
問題が発生したら「次からは断固たる姿勢を!」
と声高に「頑張ってる感」をアピールする。
これ、民主党の常套パターンですね。

事ある度に「次は次は」とうるさい民主党ですが、
民主党の言う「次」って何でしょうか?
「次こそは、国後島へ行かせないぜ!」ですか?
「全く同じ事が二度と発生しないように気をつける」ですか?

そうじゃなくて、いい加減1年ちょっと経つんだし、
「危機管理」って何かって、そこを学びましょうよ。
後からしか声を上げられないのは、その多くが
「こんな事になるとは思ってなかったから事前に行動出来なかった」
が正解なんだと思いますけどね。
つまり、無能なのです。

それと同時に、自民党政権時代、如何に
「問題が発生する前に、その芽を摘んでいたのか」が分かりますね。

その辺り、日々の政治ネタを理論的に解説してみえるblogを、
いくつか見つけたのでご紹介させて頂きますね。

パチンコ屋の倒産を応援するブログ
↑理論的な分析、そして記事の更新頻度が半端なくてすごい!
 もの凄く勉強になりますよ。


やおよろずの神々の棲む国でⅡ
↑日常生活と、その中に綴られた鋭い時事分析、こちらのblogもすごいの一言!


~おまけ~ 今日のトミ子

▼産経ニュースより
テロ情報流出疑惑に、岡崎トミ子大臣、事態理解せず?記者に「警察のもの?」
と逆質問


 警視庁公安部外事3課の内部資料の疑いがある文書がインターネット上に掲載
された問題について、岡崎トミ子国家公安委員長は2日、閣議後の記者会見で、
流出文書が「警察の資料か否かも含め調査中」と報告を受けていながら、「警察
のものですよね」と記者に聞き直す一幕があった。
事態をきちんと理解していな
かったとみられ、改めて危機管理能力が問われそうだ。
(略)




岡崎「警察の資料か含め、調査中です。」

記者「警察の資料じゃないかもしれないのに、
   どうして遺憾なんですか?」


岡崎「え?出回ってるのって、警察の資料なんですよね?」

記者「えっ?」

岡崎「えっ?」

記者・岡崎「えっ?」



それも含めて調査中だと 
言ったのはお前の口だろ



もうやだ、このお笑い内閣(笑)

日本の警察の事なんて、心底どうでも良いんでしょうねこの人。
岡崎トミ子
韓国で、頑張って反日デモやってた事は忘れてないみたいですけどね。



▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>




▼日本に誇りをもつ方が集まるSNSです。
現政権に疑問をお持ちの方は、まず登録してみては如何ですか?

スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

国益?んなもん知るか!民主党です。

▼時事ドットコムより
前原外相「関係発展の真意疑う」=日ロ首脳会談、見送りも-北方領土訪問

 前原誠司外相は1日、メドベージェフ・ロシア大統領の国後島訪問を受け、外
務省にベールイ駐日ロシア大使を呼んで抗議した際、「事前に懸念を伝えたにも
かかわらず訪問したことは、日本との関係発展を重視すると表明してきたロシア
政府の真意を疑わせるものだ」と述べ、同国の対応を強く批判した。
 外相は「(北方領土は固有の領土であるとの)日本の原則的立場と相いれず、
わが国国民の感情を傷つけるもので、極めて遺憾だ」と強調。「訪問の事実や訪
問時の大統領の言動を踏まえ、適切な対応を取っていかざるを得ない」として、
何らかの対抗措置に踏み切る可能性も示唆した。
(略)

 

北方領土問題について、軽くおさらいしておきますね。

北方領土というのは、北海道の北東に連なる、
歯舞群島(歯舞諸島)、色丹島、国後島、択捉島
の事で、日本の領土ですが、現在はロシアが不法占拠しています。

不法占拠に至る経緯を要約して書きます。

北方領土は、ロシアに先駆けて日本がその存在を確認し、
多くの人(4島で約1万7千人)が居住し、生活していました。
一方ロシアは、択捉島の北東にある
「ウルップ島」までを自国領土と認識し、領有していました。

そして、1855年に、日ソ両国間において、
「こっからこっちが日本で、こっからそっちがロシアな?」
と、今まで既成事実化していたものの、公には決めてなかった国境を、
「今までどおりだけど、念のため公の場で決めとこうね。」
と、平和的に決定したのでした。
これが「日魯通好条約(下田条約)」です。

ちなみにこんな具合↓
hoppouryoudo_03.jpg

そして、時は流れて大東亜戦争の末期も末期、
日本がポツダム宣言を受諾し、降伏が決まった後になって、
ソ連は、日ソ中立条約を破棄して対日参戦し、
短期間で北方4島を次々と占領して行ったのです。

つまり、敗北が確定した日本に対して一方的に参戦し、
どさくさ紛れに領土を盗んで行ったんです。


うん、きったねぇ国だな。

ここで、ひとつ整理しておきたいのですが、
竹島にしろ北方領土にしろ尖閣諸島にしろ、
「実効支配され続ければ、いずれ相手国の領有権が認められてしまう。」
という主張を頻繁に見かけますが、
これは、
そもそも論で間違っています。


国際法で言うところの実効支配が認められるには、
領土を「発見した時」から「実質的に支配している」必要があります。
つまり「見つけた時から、領有してたから俺の物。」
という理屈が実効支配なのです。

ですから、竹島も北方領土も、
既に日本が実効支配していた所へ、韓国なりソ連なりが、
「後から勝手に乗り込んできて勝手に居座っている。」だけで、
国際法上、竹島も北方領土も、未来永劫、不法占拠でしかありません。
ロシアや韓国の主張には、法的な正当性は一切無いのです。

つまり韓国やロシアは、
日本人が住んでた家に無理矢理乗り込んできて、
「ここ、俺ん家だから!」と、勝手に宣言してるだけです。


ちなみに、竹島にしろ北方領土にしろ尖閣諸島にしろ、
日本が領有の主張とする根拠は、国際法に照らして合法です。

日本政府は、竹島も北方領土も尖閣諸島も、
一貫して「日本の領土」というスタンスを崩していません。
今までもこれからも重要なのは、従来通り、
「竹島も尖閣諸島も北方領土も日本の領土です。」

と主張し続ける事です。
これで日本の領有である事は揺るぎませんから。

しかし、心配なのは政権が民主党だという事・・・。

尖閣問題にしろ今回の北方領土問題にしろ、
「菅さんは運が悪いねぇ」などと、お気楽な意見を聞きますが、
運が悪いんじゃなくって、脇が甘すぎるから、
ここぞとばかりに国益から仕掛けられるんですよ。


内政問題であれば、民主党がグダグダの政権運営を行っても、
次期総選挙で壮絶に散ってくれれば済む問題ですが、
これが国際的な問題になってくると、
民主党がその場凌ぎのために「ごめんね、テヘと言っちゃった事が、
その後も「日本の姿勢」として継続するのです。

「相手の有る話」については、簡単にひっくり返す事は出来ません。
国家の信用に関わってきますから。
発言がコロコロ変わる人なんて、信用出来ませんよね?

だからこそ、自民党政権は「村山談話」や「河野談話」を、
信用される国家であり続けるために、踏襲せざるを得なかったんです。


そして中国やロシアなどは、日本の政権がカモであるうちに、
「対日本で最大限国益を確保しておこう」
と考えて、露骨な揺さぶりをかけるようになってきました。

これに対して、民主党が場当たり的に譲歩してしまえば、
今後、政権が変わったとしても「国としての姿勢」として、
それを遵守せざるを得なくなるのですから。

民主党は、既に国家間で決まってた普天間の移転を放り投げて、
未だに方向性を示せずにいる、という、言語道断のタブーを犯しています。
そのせいで、イランでの油田開発から完全撤退するハメになったり、
その他、インド洋での給油活動をビタ止めしたり、
韓国に貰った文化財を返すと言ってみたり、

細かい事を上げれば枚挙に暇がありませんが、
自民政権が脈々と築いてきた国際関係を、
短期間で、もの凄い勢いでぶち壊して行ってます。


それも、戦略的なものを背景としている訳ではなく、
場当たり的に「俺カッケェ!」と言ってみたけど無理でした。
という、極めて稚拙な理由のせいですから、救いようがありません。

一応、今のところ「領土問題は無い」という、
最低限のスタンスは貫いてはいますが、
場当たり主義の民主党が、今後、ロシアや中国の圧力に屈し、
取り返しの付かないほどに国益を損ねてしまわないか?


めちゃくちゃ心配なんですけど・・・。


おまけ-今日のはとやま。-

▼時事ドットコムより
ツイッターで前原氏批判?=鳩山氏


 民主党の鳩山由紀夫前首相は1日、自身のツイッターで詩人の吉野弘氏の「祝
婚歌」を引用する形で前原誠司外相の外交姿勢を批判したと受け取れる書き込み
を行った。
 鳩山氏は「正しいことを言うときは少し控えめにするほうがいい 正しいこと
を言うときは相手を傷つけやすいものだと気付いているほうがいい」という祝婚
歌の一節を引用し、「外交交渉の要諦(ようてい)はここにあると、昨今の外交
案件をみてつくづく思う」とつぶやいた。
(略)




いいか?
お前は黙ってろ。
答えは聞いてない。




▼blogランキングに参加しています。
「うん、そうだ。」とご納得いただけた方はポチっと<(_ _)>




▼日本に誇りをもつ方が集まるSNSです。
現政権に疑問をお持ちの方は、まず登録してみては如何ですか?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

当blogのタイトルは・・・
プロフィール

コンサバ21

Author:コンサバ21
コンサバティブ志向で、
日々ニュースにツッコミを。

報道機関によって、
フィルタリングされた情報。

まずは正しい情報を。
まずは正しい国家観を。

blogタイトルには、
そんな願いを込めています。
(正名論の通釈です。)

・・・といいつつ、
浅はかな私の事です。
勘違いも多々有ろうかと。
そんな時は・・・。
笑って読み流して下さい。

やまと新聞を支援しよう!!
管理人ももちろん会員です。 やまと新聞を支援するメリットは、 三橋貴明さんの記事に詳しいです。
↓やまと新聞支援のメリット 代替 代替
いらっしゃいませ
日本鬼子プロジェクト
日本はつくづく天才の国。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ニュース色々
最新記事
最新トラックバック
福島の野菜を買おう!
↓このサイトで風評被害に悩む福島の野菜が購入出来ます。
日本に誇りを持ちましょう
日本に誇りを持つ 4万人超の仲間が集まるSNSです。 まずは登録してみませんか?
ポチっとお願いします<(_ _)>
記事に共感頂けた方は、   どうぞ、1日1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
マスコミってウソつきなんです。
テレビって、物凄く偏ってるってご存知ですか? 論より証拠、一度このサイトをご覧ください。 動画たっぷり、見ごたえ満点ですよ(^^
マスコミって日本が嫌いなんです。
マスコミって、日本が嫌いなんです。ご存知でした?「ホントに?」と、思った方は、下記サイトを覗いてみて下さい。
円高ワロタww
FX 口座 比較FX ブログ
金利低過ぎワロタwww
FXfx
一方的なリンク
当blogはリンクフリーです。 心優しい方は、どうぞリンクを貼ってあげて下さい。   また、当リンク集は、管理人好みのサイトを、 一方的に登録しています(汗
blog内検索マド
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。